FC2ブログ

褒め殺し技は似合わない

20080523a.jpg


よーく知っている人に、「褒め殺し」の上級者がいる。
“達人”と言ってもいいほどだが、当の本人が「まだまだ技を磨くぞ!」と言っているので、今日のところは“上級者”にしておく。

そのよーく知ってる人の「褒め殺し技」は、傍で見ていると、ときどき腹立たしいくらいの褒め言葉で人を木に登らせる。
人間、ときには高く昇ってしまうのも勢いになっていい場合もあるが、あまりに高く昇らせて、その後始末はどうするのかと思ってしまう。
富士山だって、登るより下りてくるほうがどんなに大変だったか。
たった一度の富士登山で、やわな運動靴が破れたことを思い出す。

でも、ほどよい「褒め殺し技」は羨ましくもある。
エステに例えるなら「ゴッド・ハンド」。
マッサージなら、やはり「ゴッド・ハンド」。
相手のツボを軽くきゅっと刺激して全身をほぐし、ハートを掴んでしまう。
悔しいかな、私にはこの技がない。

自分も「褒め殺し技」を体得しようと何度か思ったことはある。
だが、どうもこの技は自分に合ってる気がしない。

人はそれぞれ自分に合ったやり方を磨くほうがよい。
無理に「褒め殺し技」に精通しようとするのは、体に合わないスポーツに挑むようなものだろう。
ただ、自分の体が女子プロレスに向かないのは承知できても、「褒め殺し技」が自分に向かないのを納得するのは難かしい。

褒めることはできても、なぜ、褒め殺すことができないのか?

その理由が今日分かった。
私がよーく知ってる「褒め殺し」の達人は、おだてに弱いのだそうだ。

そうだったのか!
膝をポン!と打ち、目から鱗、鼻からピーナツ。

私は、おだてに強いと言うか、自分で勝手に木登りすることはあっても登らされるのが苦手なのだ。
おだてられてその気になりかけることはあるが、富士の下山でやわな運動靴が破れたことを思い出すように、ひゅーと冷めていく自分がある。
「豚もおだてりゃ木に登る」と言うけれど、おだてに冷めてる豚はうまく登りきれないのだ。

登れない豚に、褒め殺し技は似合わない。
その代わり、自分で勝手に昇ったときは、なかなか降りてこないのである。


20080523b.jpg
人が集まるときは大皿・大鍋料理。




io日和> <魚の庭> <ゼロ✦プラ


  
関連記事

あの子にグッドラック

20080519a


昨日の雀が気になって、夜中に窓を5センチほどそーっと開け、デジカメで撮影。
脅かさないようにフラッシュは、なし。

ついでに朝ごはんの用意。
人間さまのじゃなくて雀さんの朝ごはん。


ハムマヨロールのパンをちぎり、指でぽそぽその屑にしたやつをサッシのレールに置いてみた。
気分は小公女セーラ。

何ゆえ、こんなに雀が気になるのだか?
これが鳩だったら……、
やっぱり気になって何とかしたいとは思うだろうが、図体がでかい分、怖さがある。
向こうも怖いだろうが、バタつかれたらこっちも怖い。

これがカラスだったら……、
怖いよー。
鳩の数倍でかいし、肉食だもの。
一晩のお宿は貸してもいいが、餌は置けない。

これが蛙だったら……、
考えたくもない。

雀でよかった。

朝方4時、再び鳴き始めたお泊りの雀。
パン屑の朝ごはんを突っつくかと何度か外へ様子を見に出ると、仲間の雀がやって来た。
たぶん、昨日、電線から呼んでいた一羽だ。
その子が、私の気配で慌てて飛び立った直後、あの子も飛びそうな気配を体で示した。

 行け! 行け、行け!

応援が効いたのか、あの子が飛び立った。
と思ったら、窓の下の植木に落下。

今度は植木の中で、暫し座り込み。
こちらも暫し、様子を伺う。

 お、おお

バタバタ不器用に羽ばたいて、地面に落ちそうになりながらも、隣のマンションの駐車場の中へ飛んでいった。
あの飛びかたじゃ、電線まで上がるのは難かしそう。
だけど、頑張れよ。
あの子にグッド・ラック。

雀は雀。
人の近くにいながら、なついてこないところが好きだ。

残ったパン屑は置いとくよ。
葛篭は要らないよー。



io日和> <魚の庭> <ゼロ✦プラ

  

関連記事

お宿はどこだ?

今朝は早(はよ)から小川町の朝っ風呂。
神田オガワチョウの「江戸遊」朝っ風呂コース。

朝4時過ぎに歩く靖国近辺は、頭上の緑の中を雀の挨拶が鳴き響く。

 どれほどいるんかい、雀さん。

そんなわけで、ひとっ風呂浴びて、マックで朝御飯して、午前中はひと眠り。
朝から雀の声をめいっぱい聴いたせいか、眠りがけに「舌きりすずめ」の話を思い出す。

あの話のおかげで、大きい箱と小さい箱なら小さい箱を。
大きい包みと小さい包みなら、小さい包みを選ぶように刷り込まれた気がする。


雀の声に始まった日曜日、
夕方4時くらいから、窓の外でしきりに雀の鳴く声が。

 いるよ、いるいる、雀さん。

20080518a

はじめのうちは「雀がいる!」と喜んでいた。
ところが、どうも様子がおかしい。
いっこうに窓から離れていこうとしない。

20080518b

5センチほど開けてある窓から入って来そうな素振りもする。

20080518c

入って来てもいいけど、入れば入ったで人間さまに怯えて暴れるだろうし。
と、そっと窓を閉めた。

近い電線から別の一羽が盛んに呼んでいるふうなのに、いまだ窓から離れず座り込み体勢。

20080518d

暗くなってきて、仲間の雀の姿は消えた。

 おーい、おまえのお宿はどこだ?

雀語が分かれば、助けてやれるのに……。
それでもって、もし万が一、御礼をもらうなら、やっぱり小さいつづらだろうか。
いや、ここは思い切って大きいつづらを。

朝まで無事でいてくれるといいのだけれど。



io日和> <魚の庭> <ゼロ✦プラ


  
関連記事

夜中のサパー

私が料理しないと思ってるでしょ?

火を使う料理はあまりしないけど、公表しないだけでするときはする。

20080515a


夜中0時を過ぎてから作りだしたのは、ぺペロンチーノ野菜入り。
風邪っぽいときはガツンと食べないと。

いただいたワインがアクが強くなくていい!

20080515b

人もワインも、さりげなく美味で、
でしゃばってないのが好きだ。



io日和> <魚の庭> <ゼロ✦プラ


  
関連記事

味見

昨夜はワインの試飲会。
Pロートさんのテイスティング・ルームに4人で押しかける。

(Pロートさんとの始まりは、こちら

ヨーロッパの田舎にありそうな小さなレストランふうのテイスティング・ルームにて、いおろ担当のリコピーナさんのアレンジで20種類ほど味見させていただく。

難かしい客じゃありません。
出されたものは何でも食べます、
何でも飲みます、
いただきます。


まずは、
「メッテルニヒ公が所有したゼクト(ドイツのスパークリングワイン)」からスタート。

① Metternich Sekt
20080508-1

メッテルニヒ公(1773~1859)はオーストリアの政治家。
ドイツの伯爵家の生まれだが、十代の頃には一家でオーストリアのウィーンに逃れたとある。その後、政治家になり、首相兼外相としてウィーン会議(1814年-1815年)の議長を務めたことで有名。
この「メッテルニヒさんが所有した」という意味が微妙に分かりません。
ワイナリーとして有名なメッテルニヒ家のゼクト(=ドイツのスパークリングワインのこと)とは言わずに、“メッテルニヒ公が所有した(=自分の物として持った)”ゼクト。
ですから、ウィーンにいたメッテルニヒさんが、ドイツのメッテルニヒ家のワイナリーで作らせていた頃からのスパークリングワインということだろうか?

出されたときは「へー」と感心していながら、あとで突き詰めると実態が分からない。
よくあることです。
キャッチコピーというのは、何かが省略されているケースが多い。
書籍のコピーでたまーに見かける「聖書に次いで読まれている」だって、“ある人たちにとっては”が省かれていると考えれば納得できる。数字の根拠はないのだから。

それはともかく、ゼクトは美味しかったです。

この後、ニュージーランド産の白ワイン(White Haven 2006)、Pロートさんセレクションのアウスレーゼ、シュペートレーゼ他、8種類ほど白ワインをいただき、
20080508-2 20080508-3 20080508-4
「ヒッチコックの愛したロゼ・シャンパン」ですって。
ヒッチコックさん、本当ですかあ?
⑩Boizel Rose Champagne(仏)
20080508-5
きれいなロゼ色にクラシカルなピンクのラベルがいい雰囲気。

ここからワインは白から赤へ。
アルゼンチンのToso、カリフォルニア、フランス、イタリアと味わい、
デザートワインもいただく。
20080508-6 20080508-7

ラストは、シラクさんもお気に入り“らしい”カルバドス(リンゴの蒸留酒)。
Lelouvier Vintage Calbados 1967(仏)
20080508-8

量はちびちびだけど20種類ほど飲み続けていると、どれもこれも注いでもらうたびに美味しいので何が何やら分からなくなっていく。
その中でも印象に残ったのが、ロゼ・シャンパンとカルバドス(画像が大きい)。
でも、仕入れたのは普段飲み用のアウスレーゼにしておきました。
カルバドスは、そのうち。

すっかりいい気分になったところで、お土産のワイングラスとソムリエナイフもいただき、二次会へ。
同行者のご好意により、事務所に立派なワイングラスが6脚揃い、これが一番嬉しかったかな。



io日和> <魚の庭> <ゼロ✦プラ


  

関連記事

プロフィール

 葉月いお

Author: 葉月いお
オフィシャル基地<io日和
―魚の庭― Photo綴り
極楽とんぼの「映画会」
メッセージ・お問い合わせ等は
↓メールフォームから
お願いします。

全記事◆タイトルリスト

最新記事

メールフォーム

メッセージ・お問い合わせ等は、こちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらのアドレスが受信拒否設定になっていると返信できません。
【メッセージをくださる方へ】
をお読みください。

カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

検索フォーム