股関節はもう鳴かない

 きゅん きゅん

股関節が鳴きだしたら、散歩させないと。

近所を軽く歩くつもりが、靖国神社のあたりからズイーッと靖国通り沿いに両国橋まで行ってしまう。これで4.3キロ。
20080426a

同じ道を帰るのは脳がないと、両国橋の隣の新大橋を渡って帰路コースをとることに。
20080426b

水天宮前―人形町―小伝馬町。
私は歩く日比谷線か!?

このあたりに来ると、元務めていた会社の元本社が近い。
懐かしの新日本橋。
リストラで本社が移転になったのは、地下鉄サリン事件が起こった年の2月だった。
あのリストラがなかったら、3月のサリンにやられていた社員が当然いただろう。それを思うと、何と賢明なリストラだったことか。

懐かしの元本社ビルの裏には、小さな焼き鳥屋さんがある。
この店のつくねが忘れられない。練りが適度に荒くて、松の実が入っていて、ここより美味いつくねに出会ったことがない。
食べたいけど、店の戸は閉まっていて中は真っ暗。

神田駅に向かい、進路は竹橋方向へ。
そして、またもや懐かしい場所。母校だ、母校。
正面玄関のガラス扉に張り付いて中を覗く。暗いロビーの奥に懐かしの階段とエレベーターを確認。

出発したのは、夜中の1時。
この時期恒例の深夜散歩のはじまりだ。
夜の風と、ひと気の無さは気持ちいいけど、懐かしの場所がどこも暗くてよく見えません。

2時間12.1キロコースのナイト・ウォーク。
平均時速6.05km/hに、股関節は満足したらしい。
20080426c

ioWEB
関連記事

悲しいニオイ

何か没頭し始めると、食べることがどうでもよくなってくる。
他人とのコミュニケーションも、頭を切り替えなくてはならないので極力避け気味。
感じ悪いヤツなのだ。

脳内引き篭もり。

要するに、思考の切り替えを面倒がっているだけで、切り替える気になればできるけれど、没頭している引き篭もり状態は何とも気持ちよく壊し難い。

[悲しいニオイ]の続きを読む

関連記事

桜風を浴びて

桜に飽きたと言いつつ、桜の花びらが風に乗って飛んでいく姿は爽快。
枝にしがみつかない軽やかさ。
道を流れる桜風に、ときおり微かに桜餅の匂いがする。
すでに1月くらいから、桜の木の近くに寄ると漂っていた桜香をくんくんしながら靖国へ。

[桜風を浴びて]の続きを読む

関連記事

花見熱に、ぽそり

「桜、飽きたね」と、ぽそり。

「花見、花見」と盛り上がる季節に、こういうことを口にするのは悪い人のようで言い難いけれど言ってしまおう。

桜、飽きました。

[花見熱に、ぽそり]の続きを読む

関連記事

プロフィール

 葉月いお

Author: 葉月いお
オフィシャル基地<io日和
―魚の庭― Photo綴り
極楽とんぼの「映画会」
メッセージ・お問い合わせ等は
↓メールフォームから
お願いします。

全記事◆タイトルリスト

最新記事

メールフォーム

メッセージ・お問い合わせ等は、こちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらのアドレスが受信拒否設定になっていると返信できません。
【メッセージをくださる方へ】
をお読みください。

カレンダー

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

検索フォーム