FC2ブログ

    神さまに御用心

    先週、作家の東郷さんが小さい神棚をくれたので、さっそくお神札を三つ取り揃え、事務所に祀ることとなった。

    鎮守の神さまは馴染みのある靖国神社から、氏神さまと天照大神さまは近くの筑土神社からいらしていただき、神さまとの同居が始まった。

     神さま、よろしくお願いします。

    その神棚の位置が、壁時計をずっと掛けてあったところで、時間を見ようとするたびに神さまに視線を向けてしまう。
    習慣とは恐ろしいものだ。
    バッカじゃないの!と思うほど、繰り返し、つい見てしまう神さま。

     よろしくお願いします。

    事務所に来た方の中には、初詣代わりに拍手を打って手を合わせる方もいらっしゃる。
    けれど、神さまには御用心なのだ。
    木でできた棚に御札が入ってるだけなんて思ってはいけない。
    やたらなことをお願いすると案外ちゃんと聞いていて、しっぺ返しを食らうことだってある。

    以前、知り合いの小さな料理屋さんを手伝ったときのことだ。
    お店の大将には気に入っていただける働きぶりではあったようだが、慣れない仕事で体がきつく感じた日、大将が店の神棚に向かって手を合わせる後ろで、私も一緒に手を合わせた。

     どうか今日は、お客さんが来ませんように。

    その日の繁盛ぶりと言ったら、もー。
    神さまに赦してもらうには、潔く働くしかない。
    そう覚悟を決め、体のきついのも忘れるくらい動き回る破目になった。
    あれ以来、お店の神棚には用心して、「よろしくお願いします」と挨拶するだけにした。

     あ、また神さまを見てしまった。
     よろしくお願いします。

    そういうことで、
    神さまにはご用心。

    20080108a


    ioWEB



      

    マイ・シアターとお獅子

    学生の頃、友人の白バラちゃんと一度だけ行った飯田橋の小さな映画館。
    2本立てか3本立て上映で、お尻が痛くなるシート。
    ロビーは狭くて薄暗くて、映画館の記憶じたいに色がなく、廃れたイメージしか浮かんでこない。
    飯田橋の駅近くへ行くたびに、あの映画館は無くなったのかなあと探すともなく探していた。記憶では外堀通り沿いだったはずなのだが、どうやら今はパチンコ屋さんになってしまったらしい。
    で、ある日、そのパチンコ屋さんがある外堀通りをちょっと入ったところに見つけたのが、「ギンレイホール」。
    ホームページの上映ラインナップは、なかなかの名画揃いで、近いうちに行ってみようと思いつつ年が明けた。

    映画は、ほとんど我が地下室シアターでのDVD鑑賞。
    年間100本は観ている。
    仲間うちでは「秘密基地」と呼ばれる事務所の地下室。ここでの映画は、観る時間帯を問わず、ワインやおつまみにもこと欠かず、寝っころがれるのもよし。リラックスし過ぎて寝てしまうこともしばしばあるが、心地よ過ぎて、映画館に行くのが面倒になってしまう。
    ただ最近、ちょっとばかり、映画館という場所が懐かしくもあり、気軽に通えるシアターがあったらよいのにと思っていたのだ。

    昨日の夕方、ふと思い立ち、散歩がてら「ギンレイ」さんへ行ってみた。

    [マイ・シアターとお獅子]の続きを読む

    にわかにラテン

    新年を迎えると、何かと「初」を付けて、初●●とか初▲▲とかってしまう。
    2008年、正月気分はすでに抜けてしまっているけれど、
    <初・独りでブーム>な予感がするものを発見。

    日頃、テレビはほぼ見ないので、
    世間からは遅れているであろう、
    大幅にズレてると思いつつ、
    正月最大に印象に残ったものとは……。

    7日間メリハリボディプログラム、コアリズム。

    またしても手中にはまったか?
    3日で飽きたビリーさんのブート・キャンプを思いだせ!
    なので、買いません。
    YouTubeで間に合わせる。

    ラテンの腰つきが意外に難かしくて、二度チャレンジ。
    2分もしないうちに汗が出てきて、一枚、二枚と脱ぎ捨てタンクトップに。

    ラテン・エクソサイズ、暑いです。  




    ioWEB



      

    “変”な年の予兆?

    元旦早朝のなんと静かで爽やかだったこと。

    空がまだ紫がかっているうちに事務所をあとにした正月の朝。
    中央線を降りる頃には新年に相応しい青空が広がり、
    ポチ(キャリーバッグ)を引きずって一ヶ月ぶりの帰宅を果たす。

    途中、静かな住宅街の空を仰ぎながら暢気に歩いていると、
    低い柿の木に黄緑色の鳥が5羽、6羽と群れているのを発見。

     わあ、きれいな鳥!

    2008年が、とても祝福されている気になる。
    雀より一まわりほどでかい鳥たちを、立ち止まってよくよく見ていると、

     喋った?

    鳴き声とは違う、聞き取れない喋り声が耳に入り、急に祝福気分が不気味さに変わった。

    ひと気のない一本道。
    でかいカラスも近くにいて、新年早々、ヒッチコックの『鳥』みたいなことになったら嫌だな、なんてことを思ったら、動けなくなってしまった。
    鳥たちを刺激しないように、とにかくここを離れよう。
    そう覚悟を決めた途端、皆、電線に向かって飛び立った。
    小さな難を無事に逃れた気分。

    何事も、覚悟が大事。

     インコに見えるけど、インコですか?
     何か喋ったでしょう、あんたたち!

    脅かされた胸中を鎮めるために、柿の木から電線に移動した鳥たちに向かって声なき言葉を投げ、カメラを取り出しシャッターを切る。
    今年の初デジカメは、インコらしき鳥たちから。


    20080103a


    ioWEB


      

    招き猫とキリギリシャンの抱負

    靖国にて、無事に「ゆく年くる年」をしてきました。

    事務所で日本酒を少々いただき、神社へ向かったのは大晦日の夜11時過ぎ。
    靖国さんへ行ってみると、閉ざされた境内の門の前には参拝者の列が出来始めていた。
    並んで待つのは苦手。なので、屋台が並ぶ参道をぶらついて時間を潰すことにした。

    さっそく飛びついたのが甘酒。
    風はほとんど無かったものの夜の冷え込みの中、甘酒のあったかいカップがありがたい。
    屋台をひととおり物色し、再び参拝の列に加わろうとしたときだった。
    友人のDくんが、目を見開いて立ち止まった。
    彼の視線の先にあったのは……。


    [招き猫とキリギリシャンの抱負]の続きを読む


    プロフィール

     葉月いお

    Author: 葉月いお
    オフィシャル基地<io日和
    ―魚の庭― Photo綴り
    極楽とんぼの「映画会」
    メッセージ・お問い合わせ等は
    ↓メールフォームから
    お願いします。

    全記事◆タイトルリスト

    最新記事

    メールフォーム

    メッセージ・お問い合わせ等は、こちらからどうぞ!

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    こちらのアドレスが受信拒否設定になっていると返信できません。
    【メッセージをくださる方へ】
    をお読みください。

    カレンダー

    12 | 2008/01 | 02
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    月別アーカイブ

    検索フォーム