FC2ブログ

よせばいいのに寄席

20071125a.jpg

なーにしろ寝ずに行ってしまったもんで、寝ちゃうんじゃないかと観ていられる自信がなかったのだが、寝てる暇がない。
本日は昼日中から末廣亭に向かう。

昼の12時から夜の9時まで、昼の部・夜の部とおしで9時間。

夢丸さん、すみません。
徹夜明けだったもので、ちょっぴり舟を漕いでしまいました。
本場ブロードウェイでミュージカルを観ると、歌が始まるたびに時差ぼけが気持ちよくなって、夢見ごこちでゆらゆらしちゃう。ニューヨークの『オペラ座の怪人』なんか、さんざん寝ましたから。
歌が上手すぎると上質の子守唄になってしまうのだ。落語も同じ。

落語・漫才・曲芸・マジック・講談・俗曲、どれもこれもどっぷり面白い。
中でもマジックが始まると眠気が覚めちゃう。
プリンセス・テンコーのイリュージョンみたいな大仕掛けのマジックではなくて、よくある地味めのマジック。
どーして、ロープをちょきちょき切ってるのにロープの長さが変わらないのか?
目を凝らして見ているのにちっとも分からない。

テレビで観てる分には、夢中になるほどでもない廃れたマジックに映るかもしれない。それがライブだと、「おぉ! 何で何で?」と思わず声に出すほど魅入られてる。
本気で喜んで感動しちゃってる自分に、ちょっとびっくり。

そうそう、てん…、
てんどんじゃなくて、
てんぷらでもなくて、
てんしん丼でもなくて、
あれあれ、

てんしき!

「てんしき」という落語があるんです。
お寺の和尚さんが風邪を引いたんで、お医者さんに診てもらう。するとお医者さんが「てんしきはございますか?」と尋ねる。
和尚さんは「てんしき」が分からないのに、知ったかぶって「てんしきはございません」と言ってしまう。
で、小僧さんを呼んで、「てんしき」が何か探らせるお話。

この話、何度か聴いてる。少なくとも3回は聴いたことがあるはず。
なのに、「てんしき」って何だっけ?
ずーっと考えていて、話の後半になってやっとこ思い出した。
我ながら落語のネタ寄りな頭の出来具合に呆れてしまう。

「てんしき」って何か?
寄席に行かない人のために、リンクしておきましょう。
今日はご機嫌なので親切なのです。

では、おやすみなさい。

ioWEB
関連記事

非鉄のテツ

20071115from1112m.jpg

鉄分のテツは、鉄ちゃんのテツ。
鉄ちゃんのテツは、鉄道のテツ。

「鉄道マニア」とは、電車好きのマニアのことだと思っていた。
私が言う「電車」とは、
首都圏の中央線、山手線、京浜東北線等が電車であるのと同じく、
線路を走る乗り物のこと。
さすがにSLを電車とは言わないが、ディーゼルは「電車」と呼んでしまう。
要は、電車とディーゼルの違いが明確化していなかったのだ。

あるとき、

[非鉄のテツ]の続きを読む

関連記事

思い立ったら着々と

夜中に、
「ディーゼルに乗れるよ」
「温泉もあるよ」
と情報を仕入れて、急に出掛けるのもいいかなあと寝ずに着々と支度をする。

まったく行く気が起こらなければ体が動かないのだが、
着々と仕度にかかるということは、行きたい兆候。
ここしばらく遠出していなかったもので。

朝一の雑用を済ませたら、日帰り温泉に行く。

「ディーゼルと温泉」の遠足の日。



20071112m.jpg






ioWEB

  
関連記事

当たりなのか? 落とされたのか?

「当たりました」
そう言われると悪い気はしない。
で、いったい何が当たったのか?

「アンケートに詳しく書いてくださって、……」
そう言われても何のアンケートなのか憶えがない。

電話をかけてきたのは、P社の女性編集者にそっくりな声の主。
よくよく話を聞いてみると、どうやら……



Pロートさんという会社のホームページにアクセスしてアンケートに書き込んだらしい。

P社じゃなくてPロート。
Vロートなら知ってるが、Pロートは知らない。
何が当たったか? 
ワインの試飲。

ワイン?
すこーし思い出した。
“ワイン、プレゼント”
ワインのことをあれこれ調べていたときに、そんなページを見た憶えがあるような。

「当社のサイトにアクセスいただいて、アンケートに詳しく書いてくださって」
電話の女性が何度も言う。
面倒くさがりなくせに、変なところでマメさが出る私。

ワインのプレゼントなら、ただ喜んでいただくだけだが、試飲となるとヤバイ気がした。
めっぽうセールスに弱いのだ。
青森のりんごジュースとか、置き薬とか、文房具とか……。
飛び込みでやって来られると、つい「仕方がない、買ってしまえ」になってしまう。
先物取り引きや不動産関係、宗教の勧誘はぴしゃりと断るのに。
要するに、小金はいいが大金はダメ。
物品が対象なら譲れるが、思想は譲らない。

そんなことより、ワインだ、ワイン。
試飲用に、いろんなワインを持ってやって来ていただけるらしい。
「買わなくていいんですか?」
そんなふうに訊いてる時点で落とされる予感あり。
警戒しているようでいて、まんまと落ちてる気がする。

本日、ふっくらほっぺの嫌味のないべっぴんセールスレディさんと、ひょうきんなホテルマン風マネージャーさんが事務所にやって来た。
編集者のクマさんと、ライターのナカムラくんと、夕飲み開始。

ドイツの白ワインを数本に、スパニッシュな赤とルーマニア産の赤をいただく。
どれも美味しい。
試飲会、愉快、愉快。

20071108a

まんまと落とされた。

20071108b

・左から、普段飲みによさそうな甘さ軽めのドイツの白。
 クヴァリテーツワイン・バシュテムター・アンバウゲビーテ(Qualitatswein bestimmter Anbaugebiete)、
 いわゆるクー・ベー・アー (Q.b.a)というランクで、日常用ワインや地酒よりワンランク上の上級酒。
・真ん中が、マスカッティなドイツの白。
 アイスワインを品よくカジュアルにした飲み口のアウスレーゼ(Auslese)。
・右が、ルーマニアのコマネチックな赤。
 決め手はラベル。ルックスに弱い。

1ケース6本入りを三種、でれでれしながらお買い上げ。
美味いものを出されて味わって、買わないはずがない“まんま”な客。

懐具合はともかく、気分は豊かなキリギリス。





ioWEB

・4年前の<ゼロ・プラ> 「今日という朝

  
関連記事

喋る枕と完璧な嵐

いつから日本人がハロウィンをやるようになったんだか。
紹興酒の酔いにまかせて早寝したハロウィンの夜。

「枕が喋ってうるさい。
 命令ばっかりする。 
 無視、無視!」

こんな寝言を放っていたらしい。
恐るべしハロウィン。
これぞピロートーク。


万聖節はピンとこないけれど、昨日はクボカヨ嬢のバースデー。
ご本人が事務所に来るというので近所のイタリアンの店へ。
トマトソースの生パスタにワインで、ハッピー・バースデー。

20071102

その後、事務所に戻って、お誕生日拉致することに。
バースデーを盛りあげる映画(DVD)でお祝い。
事務所ライブラリーから選んだのは、大好きな『パーフェクト・ストーム』。

何となく、わたしの「大好き」ペースで進む。
誰の誕生日なんだか。

何度観ても飽きずに盛りあがる『パーフェクト・ストーム』。
誰が?
わたしが。

こんな嵐、見たことない!
何度も何度も観てるのに、毎回、興奮できるところが素晴らしい。

「あ、落ちた!」
そこで助かるのを知ってても声を出す。

「ああ、来た来た救助」
「あああ、飛び込んだ!」
「あんなに荒れてる海の中」
知っててもいちいち騒いで観るのが、『パーフェクト・ストーム』の楽しみ方。

しつこく何度も観てるのに気づかなかった。
完璧な嵐が起こるのは、ハロウィンの夜だったのだ。
何てタイムリーな映画だろう。
選んで正解。

『パーフェクト・ストーム』の中で、ずっと気になっていた点。
嵐の海で亡くなる救助隊の一人は誰?

エンディングのキャストには名前は出てこない。
今回はシーンを戻して確認したのであった。

はい、ここでカルトQ。
ロジャース、ジョニー、ジョーンズ、ジェレミーのうち、
海に消えた救助隊員は誰でしょう?

こんなのどうでもいい?
いいですね。

「喋る枕」と「完璧な嵐」で、
ハロウィンに馴染みを感じるようになれた気がする。
クボカヨ嬢のお誕生日のおかげとしておく。





io日和> <魚の庭> <ゼロ✦プラ


   
関連記事

プロフィール

 葉月いお

Author: 葉月いお
オフィシャル基地<io日和
―魚の庭― Photo綴り
極楽とんぼの「映画会」
メッセージ・お問い合わせ等は
↓メールフォームから
お願いします。

全記事◆タイトルリスト

最新記事

メールフォーム

メッセージ・お問い合わせ等は、こちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらのアドレスが受信拒否設定になっていると返信できません。
【メッセージをくださる方へ】
をお読みください。

カレンダー

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

検索フォーム