FC2ブログ

戦車と私

夜中の2時に都内某所を出発し、歩くこと約9キロ。
午前4時、品川駅に到着。

20070826a408.jpg

先週、急にチケットが回ってきて、向かうは富士の麓の陸上自衛隊総合火力演習
前日から興奮のため、寝ずじまいで出発。おかげで電車の揺れが気持ちよかったこと。
うつらうつらしているうちに御殿場に到着。タクシーで演習場に向かった。

20070826b742.jpg
 7.42 a.m.

会場のスタンド席(ベンチシート)はすでに埋まっていて、自衛隊員さんに誘導されたのは迷彩色のシートを敷きつめたエリア。
富士山を眺めつつ運動会気分さながら。

20070826c802.jpg
 8.02 a.m.

演習開始は10時20分。
2時間以上も待機かと、凹みそうになっていたところへ、ヘリが登場!

20070826d813.jpg
 8.13 a.m.

演習本番前のデモンストレーションに、メチャ興奮。
デジカメをビデオモードにして撮り続ける。
それがのちに仇になるとは……。
この時点では予測していなかった。

20070826f955.jpg
 9.55 a.m.

会場は続々と人で埋まり、演習本番を待つばかり。

20070826g956.jpg 9.56 a.m.

わくわく、どきどき、わくわく。

予定どおりに、10時20分から前段演習が始まる。
と、何てことでしょ。
デジカメが、メモリー切れを起こしたではないか。
しょぼーん。

演習本番前のデモンストレーションを動画撮りしたために、メモリーを使い果たしてしまった。
その動画もロクなものは撮れていなかった。
あーあ。

20070826h956.jpg

ともかく、演習の、凄いの何の。
ホンモノは映画と違うぅ。
何事も体験してみないとわからないものだ。

下手すりゃ耳がぶっ壊れそうな、戦車の砲撃音を体で知る。
「ズドーン」とか「ドカーン」なんて遠くを目指すものじゃなくて、「ドン!」「ドン!」て。
衝撃が体に響く音だけで充分に脅されて、反射的に「ひゃあ~、ひゃぁ~」と異様な悲鳴をあげては、なぜか力なくヘラヘラと笑ってる自分。
炎天下のせいもあったかもしれないが、自分の反応がコントロール不能な状態。
初めての体験に、身も精神もインパクトを受けすぎて、驚きと楽しさと、怖さと、ごちゃごちゃ。

こんな自分は、ぜんぜん戦闘に使えません!
『スターシップ・トゥルーパーズ』もどきの宇宙戦争でも起きたときには、『戦場のピアニスト』同様、本能にまかせて逃げ隠れするか、さっさと自分からやられてラクになろうとするかもしれない。

さて、次回のための反省点。
1.やたらにデジカメのメモリーを使わない。
 ろくな動画が撮れていなかったうえに、知らないうちにデジカメが作動していて、前の人のバスタオルが2分近くも写っていたり、戦闘機が飛んでくるのを追いきれずに、空がガタ揺れしてるだけだったり。
 そんなことに、本番演習が始まる前にメモリーを使ってしまうなんて!
 自分の舞い上がりぶりには呆れるばかり。
 次回は冷静に撮りたいものです。

2.弁当は適量で。
 ご飯5合分を、おにぎり12個にして持っていったのは適量ではなかった。
 でかいタッパーには、玉子焼きにウィンナー、チキンソテー。
 プラス、トマトとキュウリを詰めたタッパーも持参。
 三人分として用意したが、結局、大半は持ち帰り。
 帰りは軽くなると予想したリュックは重いままで、肩紐が食い込んで辛かった。
 次回は、食べられる量をよーく考えて持参したい。

富士の近くの演習場は、空気がカラッとしているのがせめてもの救いではあったが、暑さは容赦なく水分を蒸発させる。かなりの体力勝負。
でも、「まさか来年も行く?」と訊かれると「うん」と頷いてしまう。

できれば、行きたい。


20070826i1347.jpg
<戦車と私>




io日和> <魚の庭> <ゼロ✦プラ




  

タマゴのおかげ

原宿をぶらついていると、占いフェアの前を通りがかった。
転職活動中の友人が「やりたい」と言い出して。

占い師のブースが並ぶフロアに入ると、たまたま空いたテーブルが目に入った。
友人が「一緒に聞いて」と言うので、女性占い師の前に二人並んで座る。
真剣にあれこれ訊ねる彼女につられて、「じゃあ、私も」と鑑定を受けてみることにした。

「一生、食べるに困らない」。
他にもいろいろ言われたはずなのに、憶えているのはそこだけ。
かといって、「一生、食べるに困らない」をありがたく思ったわけでもなく、これが「一生、お金に困らない」だったら興奮しまくったかもしれない。

「一生、食べるに困らないなんていいじゃない!」
友人はそう言ってくれたけど、私には面白くも何ともなかった。
そのわりには憶え続けている。
ということは、案外、言われてよかった感じもあったのだろう。

考えてみれば、いくらお金に困らなくても、食べられない状況が世の中にはあるかもしれない。
いくらモテても、世の中的に成功しても、食べられないのは困る。

食は命。
生命力の源。
長生きは望んじゃいないが、「食べるに困らない」は「お金に困らない」より強運旺盛に思えるようになった。
「泥水飲んでも生きていく!」
自分の生命力に賭けて会社員を辞めると決めたとき、頭の片隅に、「一生、食べるに困らない」の言葉がうっすらあった。

子どもの頃は、食べるのが苦痛だった。
小学校にあがるまで食が細く、夕飯のときには
「何時間かけて食べてるの!」
と若い母親によく叱られた。
食べ物が喉を通らなくて、オカズで口いっぱいにしたら、もごもごと「ごちそうさま」と言って勘弁してもらう。
そのあとはトイレに行って、ペッペッ。
何と罰当たりな。
叱られて、「もう御飯食べなくていい!」なんて言われようものなら密かに万歳していた。
誕生日や雛祭り、クリスマスイヴのような特別な日は別として、とにかく食事は、うまく済ませられるかどうかの罰ゲームみたいなもの。時間との闘いでもあった。

そんなわけで、幼稚園時代の朝の定番メニューは卵かけご飯。
食べるのが遅くても、喉を通る朝御飯。
ブーフーウーのお弁当箱には、おにぎりとゆで卵。
食の細い子はタマゴで育ったのだ。
そうして、食べることに困っていた子は、やがて丼を茶碗代わりにするほどの大食いになり、好き嫌いもほとんどなく、今では「食べるに困らない」という占いの言葉が、何となしのよすがになっている。

一生、食べるに困らない。
できれば、美味しく喜んで食べる人でいたい。
食べるのが苦痛であったり、食べられなかったり、
そんなことも含めての「困らない」でありますように。

20070823.jpg

お裾分けでいただいたキレイな卵。
孵化する可能性があるらしい。
試しに1個だけ孵らせてみようかと大事に手に持っていたら、
「育てられないんだから、やめなさい!」
二人の年長者にたしなめられて、すべて冷蔵庫に眠る。



io日和> <魚の庭> <ゼロ✦プラ



   

車とおじさんと夏休み

事務所の前で、ラジオ体操のごとく伸びをしては手を広げ、深呼吸を繰り返ししていたら、車がすーっと来て止まった。
一瞬、緊張。

「知らない人に声をかけられても、ついて行っちゃダメよ。
 車に乗せてあげると言われても、絶対に乗ったらダメよ。
 アイスクリームやお菓子をくれると言われても、もらったらダメなんだからね」
外へ出ようとするたびに、しつこくしつこく母親に言われた夏。
あの日、おじさんは「車に乗せてあげる」とは言わなかった。「幼稚園は、どこ?」と訊いてきたのだ。

[車とおじさんと夏休み]の続きを読む

オトナ・ライヴ

 ♪シンプルラヴ  ♪~考え過ぎね あ な た

そう、考え過ぎはよくない。

 ♪心の向くまま~ 

がいいです。

この曲を何気なく耳が憶えた頃は、そんなことは考えもしていなかったけど、今なら「うんうん」と思えるのはオトナになったから。

テレビの中で歌っていた大橋純子さんは、歌手というより「シンガー」と呼ぶのが相応しい雰囲気で、歌いっぷりといい、パンツルックの衣装といい、遥かオトナのイメージだった。
頭蓋骨をなだらかに覆う、まとまりのよい超ショートヘア。
髪を切ると単なる短髪にしかならなかった私には、不思議でもあり、追いつけないオトナ・スタイルを感じたものだ。

昨夜は、おッ洒落なライヴ・レストランSTB139で、生『シンプルラヴ』を聴いてきました。

[オトナ・ライヴ]の続きを読む

あたしの思いがかなうとき

20070806(0701).jpg


唐突に、

マスカットが食べたい。

そう思った数日後、宅配便のおにいさんが置いていったのは、友人が送ってくれたマスカットだった。

先月、風邪で寝込んだときに、

ああ、メロンが食べたい。

そう思ったら、心優しいK嬢がメロンを持って現れた。

珍しく、

お刺身が食べたい。

そう思った日、訪ねて来たクマケンさんが買ってきてくれたのは、お刺身だった。

梨、餃子、焼き豚に苺。
「食べたい」と思えば食べられると思って思ったのではなく、ただ、フッと頭に浮かんで「食べたい」と思っただけ。
その瞬間的思念が強過ぎるのだろうか。

誰かがくれればいいのにとか、持ってきてほしいとか、自分のところへやって来るルートを期待したりは決してしないのだが、思いつきの「食べたい」が運んでくる“食べたいもの”。

そういえば、こんなこともあった。
ご飯を食べているときに、お米が切れかかっているのを思い出した。
ほら、お米って重たいでしょ。
それで、
米のほうからやって来ればいいのに……。
そう思った数分後に、ピンポーン。
宅配便のおにいさんが持ってきたのは、米。
予知か?
こうなってくると、思念が強いせいばかりとは言えない。
友人が米を送ってくれたのは、私が「思う」よりも前のこと。
予知が思いを呼んでいるのか?
頭が、頭が、こんがらがってくる。

さて、一昨日の朝、フッと頭に浮かんだのは西瓜。

西瓜が食べたい。

そして、西瓜に思いを馳せてうっとり。
暑いからね。
夏だものね。

その夜、朝に思ったことなどすっかり忘れていたところへやって来たのは、西瓜。
ご近所に引っ越してきた作家の東郷さんを連れて。

20070806(0804).jpg

都心のスーパーではお目にかからない、稀に見るデカイ西瓜は熊本産。
焼酎との相性もよろしく。
でも、四分の一も食べ切れなかった。
昨日、事務所に来たMちゃんとも、お茶菓子代わりに食べたが、まだ半分も平らげていない。

打ち合わせ等で来社予定の方には、もれなく西瓜の夏。



io日和> <魚の庭> <ゼロ✦プラ


     

プロフィール

 葉月いお

Author: 葉月いお
オフィシャル基地<io日和
―魚の庭― Photo綴り
極楽とんぼの「映画会」
メッセージ・お問い合わせ等は
↓メールフォームから
お願いします。

全記事◆タイトルリスト

最新記事

メールフォーム

メッセージ・お問い合わせ等は、こちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらのアドレスが受信拒否設定になっていると返信できません。
【メッセージをくださる方へ】
をお読みください。

カレンダー

07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

検索フォーム