FC2ブログ

    そりゃ、ないでしょ

    ときどき「経理のおねーさん」になって電話をかける。
    企業然としてる会社からの大きい入金が確認できなかったので、まずは事情伺い。

    声のトーンはソフトに押さえ気味。
    「ええ、ええ、はい」
    怖がらせず刺激せず、聞き上手に徹するおねーさん。

    相手は丁寧で少々しどろもどろ。
    システムがどうのこうので支払い漏れがあったとか。

     システムって何じゃい?

    「先月もお支払いが漏れまして、本当に申しわけございません」
    「ああ(笑)」
     
     そんなこともあったわねえ。
     で、理由はいいから。単なるミスでしょ?

    「それでですね、来月の8日にですね……」
    「そりゃ、ないでしょ!」

    先月分はゴールデンウィーク明けまで大人しく待った。

     システムって何じゃい?

    「では明日早急に、単独で処理いたします」

     できるんじゃん。

    以前、口座凍結になってしまった事業主のお宅に電話を入れたことがある。
    何度かけても誰も出なかったのが、ある日、受話器を取ったのは奥さんらしき女性だった。
    びくびくしているのが伝わってくる。
    受話器を取るだけでもどれほど勇気がいることか。
    喉の奥がきゅっと詰まるのを堪えた途端、つい言ってしまった。

    「頑張ってください!」

    ない袖は振れないけれど、ご飯はちゃんと食べてほしいと思った。

    ミスなら茶もせずに、すぐ動け。
    システムのせいにすな!



    io日和> <魚の庭> <ゼロ✦プラ


      

    持つべきものは

    20070508a(20070505).jpg

    先ごろ、ペントハウスに引っ越したN堂さんのハウスウォーミングパーティへ。
    お友だちとの3人住まいの新居は、広々としたリビングに、N堂さんお得意のスモークやバーべキューができるベランダ、スリー・ベッドルームに、ロフトのような別フロア付き。

    前々から、N堂さんの自家製スモーク(燻製)には興味深々で、話を聞くたびに肉食獣としては食欲ワクワク刺激を受けていた。
    同居している他のお二人は、バーテンダーさんに調理師さん。
    人が集まるには持って来いの空間に、美味しいものが作れる住人が揃っているとなれば、人が寄ってこないわけがない!
    土曜のパーティでは、ピーク時、48人の来客状態だったとか。

    ベランダの炭焼きのあたりに陣取って、午後の3時くらいから「美味しい!美味しい!」を連発。
    そこで、見ず知らずのゲストさんと意見が一致した。

    ◆ 持つべきものは、美味いものを作ってふるまえる友人・知人!

    こんなことを言ってる自分は? 
    というと、料理は得意ではない。
    人さまに出せる料理をしいて挙げるなら、「おにぎり」。 
    とは、なんと知り合い甲斐のないことか。

    さて、ふと、事務所の居場所を見回してみると、気に入って使っている物のほとんどがいただきもの。
    どうも、自分は……どちらかというと、テイク・アンド・テイク?

    今日は今日で、北海道出身のマチャさんから「インカのめざめ」と「おじゃが(名前忘れた)」をいただいた。
    先日、あるタクシー会社の社長・マリンさんにいただいた「はちみつ漬けの梅干」と、元同僚のオムオちゃんが送ってくれた「能登の塩辛」をおススメして乾杯。
    乾杯したお酒もいただきものだった。

    ゴールデン・ウィーク最後の日曜日、静かな雨の午後に微かにした声。

    「もう少し、“甲斐”のある人に成長したほうがよいのでは?」

    「持つべきものは!」 と喜ぶ側に甘んじてばかりでは情けないとしんみり反省しつつ、「嬉しい、嬉しい」 と今日も喜んでいられるのは周りにいる皆さんのおかげです。



    io日和> <魚の庭> <ゼロ✦プラ


      

    連休前から、相次ぐ来客に付き合って長々と飲んでしまったり、ゲラ戻しがあったり遊びに行ったりと、ここのところ静かに過ごせる時間がなくて、昨日はいよいよ頭の中に「忙し(せわし)の雲」がかかり始める。

    昨夜は、ライター・クマさんの国立取材(2回目)に同行する予定でいたのが、午後になると突如、
    「キャンセルしたら?」
    という声がした。
    こういう声を「単なるワガママ」と思う人は多いのだろうが、聞こえてしまった声には対処しなければならない。
    体力的には余裕だし、「頑張って予定どおりに行こう」と人並みに思い直す。
    が、またまた「キャンセルしたら?」と、声。

    そういえば、金曜日に来た女性編集者に訊かれた。
    「(心の)声って、耳で聞こえるんですか?」

    私の場合、この種の声は「聞こえる」ではなく「する」と言うのが正しい。
    聴覚で感知するのではなくて、頭がキャッチする感覚。

    予定どおりに行くか、行くまいか……。
    暫し意識的に考えるのをやめて、あれこれ動き回っているうちに、
    『今日はやっぱりパスしようかな』
    という台詞が、胸のあたりからググググッと押しあがってくる。
    頭の中では、「言ってみ!言ってみ!」と支援する声が高まってくるのを感じて間もなく、ポンッと言葉になって、出たあ!

    声に従ったおかげで、昨夜から「忙し(せわし)雲」が抜けて今日はいい感じ。

    可哀そうに、一人で国立に行ったクマさんは、中国マッサージの接待を受けたはいいが腰を痛めて帰ってきた。



    io日和> <魚の庭> <ゼロ✦プラ


      

    プロフィール

     葉月いお

    Author: 葉月いお
    オフィシャル基地<io日和
    ―魚の庭― Photo綴り
    極楽とんぼの「映画会」
    メッセージ・お問い合わせ等は
    ↓メールフォームから
    お願いします。

    全記事◆タイトルリスト

    最新記事

    メールフォーム

    メッセージ・お問い合わせ等は、こちらからどうぞ!

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    こちらのアドレスが受信拒否設定になっていると返信できません。
    【メッセージをくださる方へ】
    をお読みください。

    カレンダー

    04 | 2007/05 | 06
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    月別アーカイブ

    検索フォーム