スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢の代わりに

ここ数年、ほとんど夢を見ない。
眠りのメカニズムからすれば、夢を見ていないのではなく覚えていないだけなのだろうが、ひょっとして自分はレム睡眠(浅い睡眠状態)を飛ばして、いきなり熟睡(ノンレム睡眠)に落ち、睡眠の欲求を満たすとパカッと目が覚めるというパターンを繰り返しているのではないかと疑うほどだ。

今年になって覚えている夢といえば、1月の末に見た元同僚の夢。
特別な付き合いがあるわけでもなく、5~6年、会ってもいないのに彼は夢に現れ、何か切々とわたしに向かって語っていた。
彼の声も言葉も聞き取れなかったのだが、誰かが病気だという話をされたように感じた。
そこで翌日、別の元同僚に「彼が夢に出てきた」とメールをすると、本人はすでに退院したものの体調不良であったこと、近々、中国へ海外駐在に出る予定だということがわかった。
おかげで、夢に登場した彼とメールで近況報告をする機会につながり、彼が今のわたしの状況をとても喜んでいることを知って、こちらとしてはえらく励みになったものだ。

以前は、よく夢を見た。
夢を見るのが楽しみで、ベッドに入るときは「さあ、夢よ来い!」と大の字になって待ち構える気分。「意識の上映会」のリクライニングシートに埋もれ、自分の中の別世界へ導かれるようだった。

夢が仕事や人間関係のヒントを与えてくれることもあった。
先行きの道標のように方向を示してくれることもあった。
意外な出来事が自分の身に起こる前のワンクッションになって、精神的に救われたこともある。

大スペクタクルな夢は映画を観る以上に楽しめたものだ。
プラネタリウムのような満天の星空を見上げていると、にわかに白鳥座が大きな鳥の姿に変わって羽ばたく夢。
(実際の夜空では、どれが白鳥座かなんてわたしにはわからないが――)
竜の背中にしがみつき、荒川をガンガンと猛スピードでのぼる夢もあった。
(荒川:埼玉県内を流れて東京湾に注ぐ、あの荒川ですよ)
でかい宇宙船が窓にぐんぐん近づいてきて、部屋じゅうを真っ白な光で照らし、思わずタオルケットを頭からかぶって身を隠したところで目が覚めるということも――。 あれは、映画「未知との遭遇」を超えるほどの映像体感だった。
この手の夢を、心理的にどうのうこうの言ってほしくない。
夢の持ち主は、自分が創造する夢に感動するに留まらず、翌日、「昨日、こんな夢を見ちゃってさあ」と自慢げに話しては夢の体感を甦らせ、有頂天にはしゃぎ幸せなのだから。
最近は、人から「こんな夢を見た」「昨日の夢は不思議だったなあ」などと聞かされるたびに、悔しい思いをしている。

気がつけば今夜は満月。
20050424a

昨夜は、銭湯の帰りに食べたファミレスのハンバーグとエビフライセットが胃にもたれ、寝るに寝られず、起きてみても頭が働かず、朝方なんとなくPCに向かってお絵描き。
胃の鈍痛を抱え、何を描こうと思ったわけではないのだが、できあがったのは満月の図。
夢を見ない、覚えていない代償のような「月の道」は、歩くとザクザクと金銀宝石の屑を踏みしめる音がするのだよ。

追記:
夢を見る楽しみを失ったというより、夢に期待しなくなったのかもしれない。
現実を生きるための情報は現実の中にあり、自分自身の心の内を知るための情報は、自分を探れば掘り出すことができる。
非物質的な世界での戯れも、目覚めた自分の世界ですればよいと思えば、夢を覚えていて活用しようという欲求が高じる必要はなくなるのではないか。
もしかしたら、今、起きていると思っている現実が、じつは目覚めていない自分が見ている夢だったりして……。
だとしたら、この夢は面白いのか? 
少なくとも、つまらない夢ではない!と評価している。

でもやっぱり、
「さっきすごい夢を見た!」と仮眠覚めの人に言われると、悔しくってたまらない!!

ioWEB
関連記事
スポンサーサイト

ぐぁんばる

昨日は昼時の朝ごはんにサンドウィッチを食べたあと吐き気がして、「悪阻かなあ」と身篭った気分をちょっと味わいながらウダウダしていたら寒気もしてきて、結局、熱っぽいので風邪ということで葛根湯を一本、コクコクと飲み干し早めに寝た。
なので、今朝はまともに「あさ!」と呼べる時間帯に起きている。
治ったのか?と聞かれると、「ダメ~」と思えば寝ていられるし、「だいじょーぶ!」と思えば平気そうな、気の持ち方しだいの平均台の上にいる感じ。

一応、こういうときは、「ダメ」と「だいじょーぶ」、どっちを選ぶか自分に訊いてみる。
大抵の場合、ラクなほうへ転がるタイプだけど、たまに「ラク」が心地悪く感じるときがあって、そう、今朝は「だいじょーぶ!」のほうを選んだ。

そういえば、昨夜、ウダウダしながら深田恭子ちゃんのドラマを観た。体が弱っているときは、くさいドラマも没頭できる。
恭子ちゃんは好きだし、神田うのも好きだし、万田久子もまあまあ好き。
目の保養になる女(ひと)が出ていたので、飽きもせず最後まで観てしまったのだが、「頑張る」って台詞をこれでもかってくらい聞かせてくれるドラマだった。

「頑張る」
「頑張れ! おれも頑張る」
「あたしも、もっと頑張る!」

ぐぁんばる【頑張る】
あることをなしとげようと、困難に耐えて努力すること。
「頑張る」とか「努力」とか、ストレスに負けやすい人が蔓延している世の中のせいか言葉にし難い感があるのだけれど、わたしは基本的に頑張ってる人が好きだ。
もっと好きなのは、静かに頑張る人。

人は、じつはみんな頑張っていると思う。それが人間の本能じゃないかと思っている。
ただ、目的が定かでなかったり、自分が何に向かうかが曖昧なために、耐えて努力する覚悟が甘かったりするのだろう。中には、辛いのを耐えるだけで頑張っていると勘違いしている場合もあるけれど、無意識に方向を探しているとすれば、やはりそれも頑張っているに変わりない。学ぶか学べないかは別として。

とツラツラ書いてるうちに、調子が戻ってきたような。

「まだまだ尽きるほどやってないだろ」
と叱咤する声のままに、今日はぐぁんばってみよう。

ioWEB
関連記事

屋台めぐり、のはず

午後から靖国の屋台めぐりへ。
と思って出かけたのに、1軒目の出店のカウンターで腰を落ち着けてしまい、おでん・唐揚・揚げ餃子にビールで満腹になってしまった。

食べたら散歩。
後楽園ラクーアまで歩き、お買い物モードに。

今日は、どこへいっても桜の花びらが舞い降りては舞い上がり、風に煽られてバックの中にまで忍び込む始末。
でも、半日いい風に吹かれ、今は、ほどよい疲労感に見舞われている。

ああ、桜の季節も終わりだな。

ioWEB
関連記事

宵っ張りの桜

夜中に桜の様子を伺いに散歩に出る。

20050410a

ライトアップされて賑わう桜より、夜の暗さに咲く桜が好きだ。
といっても、都心は街灯や車のライトも多く、朝まで組の花見客が所々で盛り上がっているので、寝静まった暗闇の桜というふうではない。
それでも桜の匂いが、深夜の湿気を帯びた空気を染め、呼吸をするたびに体に滲みこむようで心地よい。ま、桜餅の香りを濃厚にした匂いとも言えますが。

20050410b

九段の夜桜で一番好きなのは、田安門の内側から緩く下る靖国通りを臨む景色。
見上げると桜が天井のように夜空を覆っている。
思わず手を伸ばしてジャンプするが、満開の枝には届きそうで届かない。
お気に入りの田安門からの豪華な夜桜を撮りたかったのだが、光量不足でガサガサの画像になってしまった。
20050410c

まあ、ここの景色は写真に収めるよりも、生桜の匂いに酔いながら堪能するのが最高なのだろう。

ioWEB
関連記事

花はなくとも花見

昨夜から今朝にかけて宴会。
一応「花見」という名目でありながら、桜の花をほとんど見ず女の「華」を眺めた華見であったような……。男の華も若干あり、なかなかよろしい華やぎでございました!

酔ったわりには、酒は残らずスッキリピンピン爽快であります。

明日から、いよいよトイレ(和式→洋式ウォシュレット)工事が始まる。
工事期間3日くらいと聞いていたが、実際には約1週間かかる模様。
おそらく、リニューアルトイレは13日から使用可能。この期間の宴は自粛となるでしょう。

ということで、明日は現トイレ取り壊しのため騒音がヒドイと予想されるので全面休業。
夕方には、オウチに帰って洗濯三昧します。

ioWEB
関連記事

プロフィール

 葉月いお

Author: 葉月いお
オフィシャル基地<io日和
―魚の庭― Photo綴り
極楽とんぼの「映画会」
メッセージ・お問い合わせ等は
↓メールフォームから
お願いします。

全記事◆タイトルリスト

最新記事

メールフォーム

メッセージ・お問い合わせ等は、こちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらのアドレスが受信拒否設定になっていると返信できません。
【メッセージをくださる方へ】
をお読みください。

カレンダー

03 | 2005/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。