FC2ブログ

    変われば変わるもので

    会社員の頃、一生着ることはないだろうと思っていた色が、ピンク。
    ソフトで甘い色が似合わなかった。
    着るのはスーツか、シンプルなデザインのワンピース。
    ふわふわゆらゆらしたシルエットの服も似合わなかった。

    それがどうしたことか、会社員を離脱した後の今は、スーツが似合うとは思えない。
    カチッとしたスタイルがしっくりこないのだ。
    スーツ姿でなければならない機会もないので構わないけれど、変われば変わるもので。
    ふわゆらのソフトなシルエットのものが好きになり、着る色の幅が広がった。
    ピンクだって抵抗なく好んで着てしまう。

    会社員の頃は、ぬいぐるみや人形の類は一切、部屋に置かなかった。
    掃除魔としては、ああいうものは埃を吸うので嫌だった。
    たまにプレゼントにいただいたものは、ビニールの袋に入れたまま押入れの中。
    整理魔でもあるから要らない物が溜まっていくのも嫌で、引き取ってくれそうな人に半ば押し付けるようにもらってもらう。
    おっきいキティちゃんは誰のところに行ったんだっけか?

    それがどうしたことか、ある日やって来た一匹のクマちゃんが次々に仲間を呼んで、今では15匹。
    すっかりクマちゃん好きになっている。

    ほとんどのクマちゃんがいただきもの。
    コレクターする気はないけれど、ポツポツといろんなクマちゃんがやって来る。

    以前は、ぬいぐるみは“物”でしかなかった。
    可愛くなくはない。
    けれど、それらは“物”。
    だからビニールの袋に入れたまま、押入れに仕舞い込んでおけたのだ。

    人間、変われば変わるもので。
    クマちゃん好きになってからというもの、クマちゃんを置いているお店や売り場に行くと、目が合う。
    たくさんの中から一匹だけ、強烈に目が合って引き寄せられる。
    ビビビッ!と来るのだ。
    そうなると困ったもので、置いていけなくなる。

    昨夕、銀座を歩いていたら、クマちゃんワールドなお店の前を通りかかった。
    ウィンドーの中でクマちゃんたちがミシンをかけたりお裁縫しているお店、Cuddly Brown(カドリーブラウン)。

    20110806(0805)a.jpg

    考える間もなく、ふらふらとお店の中へ。
    いっぱい可愛いクマちゃんがいましたよ。
    でも、強烈に目が合う子はいなくて、ちょっとホッとした。
    一階のフロアをひと通り見て店を出ようと思ったが、足がふらふらと二階へ続く階段へ。
    二階も可愛いクマちゃんがいっぱい。
    それでも強烈に目が合う子はいなくてホッとしかかったそのとき、目の前に、ウサさん。
    青い目のウサさん。

    「ダメダメ。行こう、行こう。」

    ペットショップで動物に魅入られた客のような必死の抵抗。
    その場をあとに階段へ向かおうとするも、
    「ほんとにいいの?」
    ふらふらと足まかせに店内を歩く私に付いてきていた友人が後ろで言う。
    振り返ると、青い目のウサさんが、遠くなってもこっちを見てる。
    で、ウサさんの前へすごすごと戻って見合ってしまう。
    「ダメだよ~、ダメダメ。」
    「え~、ほんとにいいの~?」
    生きもののペットと違って餌がかかるわけではないが、ここのところ無駄な物は買わない体制でいるのだ。
    なのに、なのに、
    手に持ってるじゃないか!

    連れて帰ってきました。
    自分で買おうとしたら、友達がプレゼントしてくれた。

    ありがとう。

    20110806(0805)b.jpg

    おとなしい子です。



    io日和> <魚の庭> <ゼロ✦プラ



      
      

    いただきものデー、盛況みたままつり

    20110714b

    東京は13日昨日から盆の入り。
    靖国のみたままつりが始まった。

    20110714a

    年々、“みたま”にやって来る人の数が増えているようで、人の熱気がすごくて暑さもひとしお。3年くらい前から浴衣で参道の出店を廻って歩くことをしなくなった。
    十代、二十歳前後の若い人の浴衣姿が増えて、とくに男子の浴衣が多く見られるここ数年のみたままつり。
    靖国近辺がナンパスポットになっている感じも……。

    そんなこんなで、今日は夕方から、みたままつりを見たいという知人を連れて靖国へ。
    お参りをしてから、境内にある遊就館の展示を見て回ることに。
    日本が関わった戦争の歴史を知るには勉強になる展示は見所満載。2時間ほどでは見きれない。
    今度じっくり、平日に見て回りたいところ。

    参道の屋台巡りは鼻から諦め、今夜は靖国さん近くのスペイン料理のお店へ。
    あっという間の楽しいひとときを過ごして大満足。
    でも、“みたま”をもう少し味わわないと物足りないので、明日また出直す予定。

    さて、今日は差し入れやワインのいただきものが続いて嬉しいいただきものデー。
    その中からこちらは梅ワイン。
    ラベルが、蛍・蟹さん・金魚と涼しげでかわいいです。

    20110714c




    ioWEB


       

    東京には水がない?

    智恵子は東京に空が無いという(「智恵子抄」高村光太郎)

    地方から出て来た人は、東京には山がないと言う。

    最近では、東京では水が買えないと言われている。

      ~~~~~~~~

    東日本大震災の連鎖で、ミネラルウォーターの商品不足が起こり、東京ではなかなか水が購入し難い昨今。
    と言っても、普段からペット・ボトル入りの水は買わないし、水道水で間に合っている身分。
    それでも何かあったときのために、真空パックのでかいビニール袋入りでダンボール箱に収まっている伊豆の天然水を数ヶ月に2個ほど通販で購入する。
    それがえらくタイミングよく地震の前日に届き、水には不自由していないのだが、作家の東郷(隆)さんのところへ、ポリタンク入りの湧き水のお見舞いが届いたそうで、お裾分けに1タンク運んでいただいた。

    霧島の霊水。
    何でも、神社さんの境内神域より湧き出ている“プラス300”の波動水だそうで、“プラス300”が何を意味するのかは分からずとも、「神社」「霊水」と聞いただけで自分の波動が上がった気になる。
    20110421a
    水に困ってらっしゃる地域へ送れればよいのだろうけれど、商品化されてない水は、どんなに波動が高くても受け付けてもらえないそう。なので、こちらで有難く毎日いただいております。

    事務所に来た会計事務所のイケメン・若さまが、試験に落ちちゃって元気なさげだったので、この霊水をグラスに注いで差し出したら、一瞬のけぞって体が拒否するのはなぜ?
    すごく強張った表情で恐る恐るちょっとだけ口を付けて残していった。
    疲労快復にも顕著だそうで、身体にスーッと沁みこむ飲み心地で美味しいのに。
    霊水だの、波動だの、先に言ったのがいけなかったのだろうか。

    水といえば、日本酒。
    菊正宗さんに取材に行ったライター氏のお土産で多種いただいたものの一つ、
    陛下もお飲みになっているとかで、円やかな辛口の正統派な味わいのお酒。
    20110425a

    日本酒といえば、甘酒。
    これも菊正宗さんのもので、甘酒用の高級感ある酒粕。
    20110430a
    靖国さんの屋台で飲む、紙コップ1杯200円のと比べちゃいけないのは分かっているけれど、プチ酔える濃厚な美味さ。
    湯飲みで4杯いただいたら、けっこうハイになりました。
    20110430b

    甘酒といえば、繋がらないけど、オレンジ。
    和歌山のメル友・トモくんのオカンさまより送られてきた、オレンジと蜜柑のハーフ・清見オレンジ。
    ビタミンC不足を補っています。
    20110423a

    ioWEB

    ・2年前の今日の日記 「リスママのお流れ品」

    ブリキ女の感謝

    自分は感謝の足りない人間だと思っている。
    親からも「感謝が足りない」「感謝することを知らない」などとよく言われた。
    そう言われても、きょとんとするばかり。
    何しろ感謝が足りていなくて、感謝がよく分からないのだから、どんなふうに不足を埋めて分かればいいのかなんて分かるはずがない。
    これって、『オズの魔法使い』に出てくるブリキ男に通じているかもしれない。

    感謝足らずの心で、足りないことを悩むでもなく反省するでもなく生きてきて、あるとき、ものすごい感謝を感じている自分を体験した。
    7年前の12月。歩いていても何をしていても、自分の内からじわんじわん溢れてくる不思議な感覚。
    それが感謝なのか?と問われると説明の仕様がない。ただ、その不思議な体感に浸るに「ああ、(これが)感謝か」と思っただけのこと。
    頭や言葉でするのとは違う。
    しようと思ってするのとも違う。
    わたしには前代未聞の感謝だった。

    歩道を行く人の流れの中で、自分が存在していることへの感謝。
    誰もかれもがこの世界の一部を担って、大きな一つの世界で繋がっていることへの感謝。
    冷たい風にも、葉の落ちた街路樹にも、空にも雲にも感謝。
    いつも近くにいてくれる人への感謝。
    縁が薄れた友人も、大嫌いだった上司も、わたしの人生に係わってくれた感謝。
    父への、母への、妹への感謝。
    逝ってしまった祖父母への感謝。
    目に見えない存在たちにも感謝。
    そして、自分が生きてきた人生に、わたしが感じる神さまに感謝。

    感謝をよく知っている人からすれば感謝違いかもしれず、もっと未知の感謝があるかもしれず、それでも今までの人生においては後にも先にも、えも言われぬ感謝の体感。
    目に映るもの感じとれるもの、すべてに“感謝のオンパレード”な感覚は年の瀬に向かってしばらく続き、年が明けるといつのまにか薄れていた。

    感謝。
    10年ほど前に比べると、日常にやけに頻繁に使われるようになった気がする。
    口にする感謝。文字にする感謝。
    感謝を覚える人が増えたからなのかもしれない。が、そう思いたい反面、流行みたいに、幸せになるための呪文代わりに発せられているようにも感じてきた。
    「感謝、感謝」
    「感謝が大事!」
    感謝のPR大使のように言っていた人が、わたしをコントロール下に治めておけない事態になった途端、
    「いつも感謝してきたのに!」
    と怒鳴り散らしたことがあった。
    『感謝してくれとも思ってないし、感謝されてるとも思ってなかったよ』
    心の小さな呟きとともに、その人へのいくばくかの感謝は萎んでいった。
    そんなこともあって、わたしは“感謝”という言葉に悪くも敏感になり、厳しくもなり、自分がその言葉を使うときに躊躇するようになったのだ。

    形式的な「感謝申しあげます」は平気で使える。
    あれは、感謝の心があってもなくても、形式として捉えてもらえるから気がラクだ。
    でも、日常の場面では、自分が臭く感じている“感謝”を使うと、自分も臭みに嵌る。
    それもあったし、どれほどの感謝なのかを自分で計っては、言葉を引っ込めることがしばしば。
    それが最近、もう少し以前からか、薄々くだらない抵抗だなと思い始めた。
    で、もういっそのこと、拘るのは終わりにしようと思う。
    深くても浅くても、感謝は感謝でいい。
    言葉面(ことばづら)でも、心からでも、人間皆、五十歩百歩な気もしないではない。

    20110320c

    地震から1週間が過ぎた連休中、自分の中の様々な思いや感情を洗い出そうと奮闘している。
    まだまだ洗い出し切れてはいないけれど、もやっとする抵抗感の一部をを吐き出して「感謝」と言ってみたくなった。

    手作りおいなりさんを作って届けてくれたお嬢に感謝。
    中の酢飯は微妙に3種類だと聞いたけど、微妙過ぎて違いが分からなかった。
    でも、ただただ美味しかった。
    20110320a

    お金がないのに苺が安かったと2パックも買ってきてくれた仕事仲間に感謝。

    ロールケーキにも感謝。

    こんなときでも、誕生日はめでたい!とメッセージをくれた友人に感謝。

    感謝できることに感謝。

    いただきものと、いただいた人生に感謝である。

    ioWEB

    ・1年前の今日の日記 「ランボーなスイーツ」
    ・2年前の今日の日記 「破壊者誕生」
    ・4年前の今日の日記 「桜偵察 」

    パックと散歩と夜の風浴

    20110227b

    フェイシャルマスクのパックをたくさんいただいて、当分、楽しめそう。
    パックと似たサイズのじゃこ海苔も混じっています。

    今朝は、おばあちゃんが名前を呼ぶ声で目が覚めた。
    母方の祖母で、去年の8月に急に思い立ち、久しぶりにお墓参りをしたおばあちゃん。
    もしかしたら、命日の前後なのか、それとも何か用があったのか……。

    “朝、おばあちゃんが名前を呼んだ声を聞いて……”という話をしたら、友だちが「ちゃんと返事をした?」と訊く。
    してません。
    声を聞いたと同時に目が覚めて、「あ、今の声は、おばあちゃん」と思っただけで。
    じゃあ、何て返事をすればよかったのか?
    友曰く、「はーい」でも、「なーに?」でもいいんじゃないかと。
    とにかく返事をしないのは失礼だ、と。
    せっかくあの世から声をかけてくれたのに、と。
    こんな話になったのは、もうすっかり陽が暮れた頃。

    20110227a

    夜になって、一人、散歩に出た。
    誰もいない公園の早咲きの寒桜の下、おばあちゃんに言ってみる。
    名前を呼んで、声を聞かせてくれて、嬉しかったこと。

    桜の枝先をゆさゆさ揺らす、ほどよい風浴(かぜよく)が気持ちいい静かな日曜の夜。

    ioWEB

    プロフィール

     葉月いお

    Author: 葉月いお
    オフィシャル基地<io日和
    ―魚の庭― Photo綴り
    極楽とんぼの「映画会」
    メッセージ・お問い合わせ等は
    ↓メールフォームから
    お願いします。

    全記事◆タイトルリスト

    最新記事

    メールフォーム

    メッセージ・お問い合わせ等は、こちらからどうぞ!

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    こちらのアドレスが受信拒否設定になっていると返信できません。
    【メッセージをくださる方へ】
    をお読みください。

    カレンダー

    02 | 2021/03 | 04
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -

    月別アーカイブ

    検索フォーム