FC2ブログ

    鬼が出た

    昨夜は、金曜のハロウィン。
    事務所界隈を歩く人々がとりわけ浮かれた様子に見えた。
    「白雪姫の衣装を着た外人のおにいさんとその仲間たち」とすれ違った他はハロウィンっぽいものは見なかったけれど、楽しいと紙一重の妙に浮ついた空気が漂っていた。

    ハロウィンの夜、魂の軸がゆらゆらする感覚に居ても立ってもいられなくなり、
    「こういうときは食べたい物を食べるに限る!」
    「何が食べたい?」
    「エビフライ」
    ということで、エビフライ付きハンバーグとサラダをいただいた。

    さて、ハロウィンが明けた今朝、鬼がでまして。
    夢に。

    ちっちゃな鬼の顔が見えたと思ったら、急激に胃のあたりが膨れて苦しい。
    ああ、胃が痛い。
    と思ったら、赤や緑の色鮮やかな呪文が現れて痛みが治まった。
    そこへ、また、ちっちゃな鬼の顔。
    ああ、胃が痛い。
    すると今度は色鮮やかな呪文。

    ああラクになった。
    ああ、また鬼の顔。
    ああ、呪文。
    鬼の顔、呪文、鬼の顔、呪文……。

    目が覚めたら、やはり胃のあたりが膨れて痛い。
    エビフライとハンバーグが胃に重すぎたらしい。

    そこで思い出した。
    今日は燃えるゴミの日。
    玄関の盛り塩も一緒に捨てなければ。

    起きて早々にゴミを捨てに行って、胃薬を飲む。
    30分もしないうちに、張っていた胃のあたりがラクになった。
    治るのが早すぎやしないか。
    ひょっとして、ちっちゃな鬼が体に入り込んで胃が痛かったのを、捨てた盛り塩が痛みの鬼を連れ出してくれたのかも。
    なんてことを考えると、ホントにそんな気がしてくる。
    ホントにそうかも。

    午前中にヘアカットにも行き、気分はさっぱり。
    そして今日は、「映画の日」。
    1000円で、『ウォンテッド』を観る予定。

    鬼が出てってくれて、めでたしめでたし。

    20101101m_20201031214410bfe.jpg



    ◆ io日誌 <11月1日>

    io日和> <魚の庭> <ゼロ✦プラ



      

    喋る枕と完璧な嵐


    紹興酒の酔いにまかせて、事務所のソファで、
    つい寝落ちしていたハロウィンの夜。

     枕が喋ってうるさい。
     命令ばっかりする。 
     無視、無視!


    こんな寝言を放っていたらしい。
    恐るべしハロウィン。
    これぞ、ピロートーク。

    ハロウィン明けて、翌日はK嬢のバースデー。
    ご本人が事務所に来るというので近所のイタリアンの店へ。
    トマトソースの生パスタにワインで、ハッピー・バースデー。

    20071102

    その後、事務所に戻って、お誕生日拉致することに。
    バースデーを盛りあげる映画(DVD)でお祝い。
    事務所ライブラリーから選んだのは、大好きな『パーフェクト・ストーム』。

    パーフェクトストーム

    何となく、私の「大好き」ペースで進む。
    誰の誕生日なんだか。

    何度観ても飽きずに盛りあがる『パーフェクト・ストーム』。
    誰が?
    私が。

    こんな嵐、見たことない!
    何度も何度も観てるのに、毎回、興奮できるところが素晴らしい。

    「あ、落ちた!」
    そこで助かるのを知ってても声を出す。

    「ああ、来た来た救助」
    「あああ、飛び込んだ!」
    「あんなに荒れてる海の中」
    知っていても、いちいち騒いで観るのが『パーフェクト・ストーム』の楽しみ方。

    しつこく何度も観てるのに気づかなかった。
    「完璧な嵐」が起こるのは、ハロウィンの夜だったのだ。
    何てタイムリーな映画だろう。
    選んで正解。

    パーフェクト・ストーム』の中で、ずっと気になっていた点。
    嵐の海で亡くなる救助隊の一人は誰?

    エンディングのキャストには名前は出てこない。
    今回はシーンを戻して確認した。

    はい、
    ロジャース、ジョニー、ジョーンズ、ジェレミーのうち、
    海に消えた救助隊員は誰でしょう?


    「喋る枕」と「完璧な嵐」で、
    ハロウィンが遠ざかる。

    また来年。



    ◆ io日誌 <11月2日>

    io日和> <魚の庭> <ゼロ✦プラ


       

    キリギリシャンの優雅とは

    20071022m(20181022).jpg


    今夜の熱海湯はラベンダー風呂。

    旅館の蕎麦殻枕ほどの布袋に、たっぷりラベンダーが入っていて、大きな湯船に浸してある。
    スーッと刺激のある香りを、クンクン、クンクン。

    ラベンダーといえば、『時をかける少女』。
    クンクン、クンクン。
    クラ~リ。

    意地汚くクンクンし続けて、時をかける前にのぼせそうになる。

    冬の乾燥の季節は、お茶の葉用のパック袋にラベンダーを詰め、水を入れた鉄鍋に浮かべ、電磁調理器で煮立たせて加湿器代わりにする。
    ラベンダーオイルを使うより、ずっと強力に香りが立つ。
    そろそろやってみようかな。

    ラベンダー湯のおかげで、今夜はまったく湯冷めをしない。

    これから、DVD2本立て。
    映画のお伴は安い箱ワインに、知人の置き土産の6Pチーズとレアチーズケーキの残り。

    気分は貴族並みに優雅このうえなく。



    ◆ io日誌 <10月22日>

    io日和> <魚の庭> <ゼロ✦プラ

      

    抵抗感を乗り越えて

    mixiを始めたのが10月だったことを思い出した。
    日記を確認してみると、10月24日が初日記。
    一年前の今日。

    招待されて始めてみたmixi。
    人とのコミュニケーションを面倒くさがるほうなので、はじめのうちは、正直、ぜんぜん喜んで参加していなかった。
    とりあえず登録して、どのようなものか分かったら退会ボタンをポチッとしてしまえばいいやと。
    ポツポツと日記を書きつつも、心の中は抵抗感でいっぱい。

    なぜ、人に見せる日記を書かなければいけないのか?
    どうして、知らない人と知り合いにならなければいけないのか?
    何なのよ、ミクシィって?

    このようなことを、悶々と考えた日々があったのです。

    環境への順応性は悪くないほう。
    むしろ、新しい職場などに入っていくと、1週間もしないうちに何年もそこにいるような顔をしてしまうタイプ。
    初対面の人とでも、難を感じずに話しもできる。
    なので、人とコミュニケーションがイヤというわけではないはず。

    じゃあ、mixiへの抵抗感は何?
    と考えると、「ミクシィの輪を広げよう!」というキャッチフレーズが、「友だち(知り合い)の輪を広げよう!」に取れて、一匹根性を持つ自分としては「照れ」が先立っていたようだ。

    「退会ボタン、ポチッ」したくなる大波を乗り越えて、二年目になってみると、気持ちはだいぶ納まりつつある。
    「なぜ? どうして?」と意味を問わなくなってきた。
    「照れ」から「慣れ」?

    プレミアム会員制ができて、アルバムが使えるようになり、自分用の画像倉庫にして一人で楽しんでいることも多いが、マイミクの方たちとのお付き合いが深まったことも確か。



    ブログのほうは、今のところ、mixi日記の改編です。




    io日和> <魚の庭> <ゼロ✦プラ


      


      

    籠城ひと区切り

    10日の締め切りを16日まで待ってもらったうえに、さらに延長をお願いして、昨日の昼過ぎにようやく脱稿。

    ラスト20ページくらいになってくると、黙々とパソコン画面に向かって指を動かすしかなくなってきて、考えて書いてるのか何だか分からなくなっている。
    とにかく、納品するが優先だったので、読み返しもせずファイル送信。
    週明けの初稿出しの前に、よ、よ、読まなくちゃ!
    と思いつつ、読むのが怖いから今のところ、ほったらかしー。

    籠城生活をしていると、髪の毛が伸びるのが早い。
    夕方、ヘアカットへ行ってこよう。
    あとの作業は、髪を切ってからということで。



    ioWEB

      

    プロフィール

     葉月いお

    Author: 葉月いお
    オフィシャル基地<io日和
    ―魚の庭― Photo綴り
    極楽とんぼの「映画会」
    メッセージ・お問い合わせ等は
    ↓メールフォームから
    お願いします。

    全記事◆タイトルリスト

    最新記事

    メールフォーム

    メッセージ・お問い合わせ等は、こちらからどうぞ!

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    こちらのアドレスが受信拒否設定になっていると返信できません。
    【メッセージをくださる方へ】
    をお読みください。

    カレンダー

    10 | 2020/11 | 12
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -

    月別アーカイブ

    検索フォーム