FC2ブログ

「喉元過ぎれば」、青空に黄葉

20121110m.jpg <2012>

町の八幡神社さんにお参りしたとき、
合掌した手の先からスッと気が上に抜けるような、
抜き取られるような、不思議な感じがあった。
それから一週間して、心配していたことが丸く収まった。
  
と、6年前に書いてるけど、
何があったのだろう。
憶えていない。
  
その一週間後に御礼参りに行ったら、
境内に一本だけある銀杏が黄葉していた。
周りの木は紅葉も褐葉もしてないのに、
一本だけの銀杏が金色の木になっていた。
それは憶えてる。

ネガティブ族のわりには、
不安だったことや苦労に思ったことを忘れてしまう性質かもしれない。
「喉元過ぎれば」のタイプ。

で、「わー!」て、
つい声が出てしまうような感動したことは、
けっこう、残っている。
そういうタイプ。
    
青空に黄葉。



20121110b.jpg
🌎
十歳ほど上の校正のおねえさんが、お酒の席でうっとりした声で言ったのをたまに思い出す。
「あたしさぁ、死ぬときは、『ああ、あれもしたかった、あんなこともしたかった』って思いながら逝きたいのよねぇ」
そのときは、「後悔しながら逝きたい」と言ってるようで不可解だったが、時が経つにつれだんだん分かる気がする。
この世への愛しさを籠めていたのかと。
・・・<🌞 いとしき日々



20101110sa.jpg
🐟
駅を出ると、何て青い空!
街路樹には何て艶やかな赤い実!
晴天の空と、鮮やかな秋の実の色に、平日温泉のちょっとした罪悪感が払拭される。
「ワインを飲んでる時間を無駄な時間と思うな」とはユダヤの格言。
ゆえに、温泉に来るのも無駄なことではないはず。
・・・<🍃 赤い実、何の実、よき一日





io日和> <魚の庭> <ゼロ✦プラ


    

何もない所

20130428a.jpg

“町”の人たちは、この“町”を「何もない所」とよく言う。
それを聞くたびに、こっちは大きく「えーーーーっ?!」とリアクションしてしまう。

「何もないどころか、すごい所です」
今度は“町”の人のほうが「え?!」という顔をする。

その「え?!」が、まるでまさかの「え?!」ではない。
微妙に照れた嬉しさが混じってる。

都心から、この“町”に来て一年半を過ぎた。
川はきれいだし、小山はあるし、一年中、花が見られて鳥もたくさんいる。
最近では、キジを探して歩いている。
こんな生活が、自分の未来にやって来るなんて、想像もしていなかったし、望んでもいなかった。
なのに、なぜ?
と、ときどき思う。

住む場所を変えるというのは、その土地の神さまに迎え入れられるということ。
たった一つ見つけた面白い物件を試しに見せてもらいに来たとき、ドアを開けた瞬間に陽射しいっぱいの環境に心を捕まれてしまった。
でも、一見「何もない所」に、生活が不便なのではないか、退屈するのではないか、身動きがとれなくなるのではないか、と頭で考える不安と恐れに襲われてジタバタしたものだ。
神さまは、面白おかしく見ていたかもしれない。

この“町”は、一見「何もない所」。
「何もない所」の豊かさに魅入られて、日々喜んでいる姿を、神さまはまた面白おかしく見ているのかもしれない。

★ <魚の庭> 「部屋に満月」
20130428s.jpg

ioWEB> <魚の庭

・2年前の今日の日記 「連休前に」
・4年前の今日の日記 「会社員には戻れません」

神さまがいる人、いない人

世の中には、神さまがいる人といない人がいる。
神さまという存在がいるのか、いないのか、ではない。
その人が、神さまと一緒にいるか、そうでないか、なのだ。

神さまと一緒にいること。
神さまに心を寄せて生活すること。
それが、神さまがいる人の生き方になる。

人との中で、自然の中で、傍若無人な振る舞いをするのは、神さまがいない人なのではないだろうか。

神さまなんて、いるわけない?
神さまといる人には、神さまはいてくれる。
神さまといない人には、神さまはいても、感じることもなく存在としていないのだ。

★ 今日の<魚の庭>は こちら 「早春・冬枯れ散歩道」
20130226s.jpg

★ 今日の<お陽さまコレクション>は こちら 「参道のお陽さま」
20130226ss.jpg

ioWEB> <魚の庭
・2年前の今日の日記 「トモくん便り」

梅の春

30130209a.jpg

去年の今頃は、“町”の小山に天満宮さんがあることじたい知らなかった。
なので、小山の中で天神さまの梅を見ることもなかった。

今年は、梅の花咲く天満宮さんの小さな境内を思い描いては梅の季節を楽しみにしていた。

「東風吹かば 匂ひおこせよ 梅の花 主なしとて 春を忘るな」

天神さまといえば、梅だもの。


★ 今日の<魚の庭>は こちら 「一つ咲く」
20130209s.jpg

ioWEB> <魚の庭

宮司さんの教え「御札は脱がして」

20130102a.jpg

元旦は早々に、町にある郷社・八幡神社さんへ初詣。

町にはあちこちに神社さんがある。
去年は引っ越したばかりで、いったいどの神社さんが氏神さまに当たるのか謎のままだった。
町で土地をいっぱい管理している大家さんに聞いても、「うーん、神社、いっぱいありますから!」と明るい声で言われて、それじゃあちっとも答えになってない。
それから半年、昨年6月に入って見つけたのが郷社八幡神社さん。
いつもはあまり人を見かけない神社さんだが、正月とあって、次々に参拝の人たちが現れる。

20130102b.jpg

町の八幡神社さんの御札をいただいてくるのが、年始めのミッションだ。
昨年は、年末にお参りに行った北口本宮富士浅間神社さんの御札一枚に相当頑張っていただいた気がしている。
今年は総元締めの天照さんと町の八幡さんにも来ていただいて、さらに強力にお護りお導き願おうという魂胆。2013年のテーマのとおり、「もっと、もっと!」なのだ。
「三本の矢の逸話」もあるしね、「三人寄れば文殊の知恵」とも言うしね。

おっきな神社さんや初詣で有名な神社さんだと、巫女さんや宮司さんの衣装を着けた売り子さんがいるものだが、町の神社さんは一味も二味も違う。
拝殿の横に続く大広間。その縁廊下の窓を開け放ち、御札や破魔矢、お守りなどを広げて置いている。
売っているのは、普通のおじいさん。
宮司さんなのだろうが、ベージュのカーデガンを羽織った普段着で、格式ばった衣装などなし、なし。
お参りを済ませ、ミッションの御札を二枚いただく(買うわけだけど)。
と、「細かいことを言いますがね」とおじいさん(いや、宮司さん)。

「はい!」

(言うてくだされ、言うてくだされ、大雑把者ですから、細かいことを言うてください)

「御札はね、薄い紙を剥がしてね」

(え!? そうなの?)

「お風呂に入るときと同じです」

(脱がすのか!)

御札にきっちり巻いてある障子紙みたいな薄紙。
あれは剥がすのだそうですよ。

柱に張って祀ったり、どこかに立てかけておく場合などは、御札が汚れないようにそのままでもよいそうです。
あの薄紙は、家や事務所などにお祀りされるまでの間に人の手を経由するので、不浄から御札を防ぐためのもの。神棚に収めるときは、剥がして(脱がして)使うとのこと。

御札を買う他の人には言わないことを、わたしには言ってくれる宮司さん。
ものを知らないように見えたのだろう。
知りませんとも。知らなかったですから。
神さまが「この人に教えたって!」と宮司さんに言わせたのかもしれない。

正月早々、無知を一枚剥がしていただき、御札も薄紙を脱いで文字がはっきり見える。
昨年から障子紙(のような薄紙)を着たままの浅間神社さんの御札も脱がせてみると、まあ! アマゾン・ユーズド商品でいうところの「新品同様」。
こうなると、富士の浅間神社さんまで新しい御札をもらいに行くべきか、迷ってしまう。
富士に行くには、笹子トンネルを通るんだよね。
ああ、悩ましい。

20130102c.jpg
ioWEB> <魚の庭
・2年前の今日の日記 「ちっさい神社さん」
・3年前の今日の日記 「2010初」
・4年前の今日の日記 「洗濯日和」
・5年前の今日の日記 「“変”な年の予兆?」

プロフィール

 葉月いお

Author: 葉月いお
オフィシャル基地<io日和
―魚の庭― Photo綴り
極楽とんぼの「映画会」
メッセージ・お問い合わせ等は
↓メールフォームから
お願いします。

全記事◆タイトルリスト

最新記事

メールフォーム

メッセージ・お問い合わせ等は、こちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらのアドレスが受信拒否設定になっていると返信できません。
【メッセージをくださる方へ】
をお読みください。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム