FC2ブログ

自分の点数

自分に点数をつけると何点だろう?

先日、ふとくだらないことを思った。
くだらないことというのは唐突に頭に浮かぶものだ。

くだらないとは、真面目に取り合うだけの価値がないこと。
そもそも自分に点数をつけたところで、何の意味があるだろう。
だいいち点数の根拠なんてどこにあるのか。
ところが、ふと数字が頭に浮かんだ。
30点。
ふと浮かんでしまうものは、しょうがない。

30点といえば、忘れもしない、中学に入って最初の中間試験の数学が30点だった。
憶えている限り、試験でとった点数の自己記録最低点である。

これには理由があって、試験が始まってすぐに、急に、行きたくなってしまったのだ。
数秒前までは何も意識せずに済んでいた膀胱から不意打ちを食らわすトイレ信号が出始めた。
そこで躊躇せずに「先生、トイレいいですか?」とでも言えばよかったものを、とりあえず我慢するほうを選んでしまった。
だっておかしいじゃない。休憩時間が終わったばかりで「先生、トイレ!」だなんて。
とにかく、相当やばくなったら言えばいいや、と気を取り直し試験問題に向かった。

はじめのうちは、問題を解いていると信号を感じなくなっている間(ま)がある。だが、信号を意識してないと気づいた途端に、トイレ信号は前より増して警笛を大きく送ってくるようになる。
トイレ! トイレ! トイレ!
やばくなったら言えばいいや、は甘かった。
緊迫度が増すにつれ言い難くなるばかり。時間との忍耐戦にもつれ込んでしまった。

終了のチャイムが鳴ったら、解答用紙を前の子に渡して自分の席を立つ。そうしたら教室の扉を開けて廊下に出る。それからそれから、静々とトイレに向かって……。
腕時計をチラチラ見つつ、トイレに行く自分を何度もシミューレーションする。
試験の答えは一応すべて書き込んだものの、頭の中は無事にトイレに辿り着くことでどんどん占領されていく。
答えを見直す時間はあっても余裕はない。
トイレに行くことしか考えられなーい。

返ってきた試験は30点。
トイレを我慢すると、こんな点数になるのか!
ショックより驚きのほうが大きかった。
親に見せるにはかなり勇気が要ったけれど、忍耐戦で間に合ったことのほうが自分には大事。
それと、この点数以降、60点台・70点台に免疫がついて平気になった。
できるときにはできるが、できないときもあるのさと。

ふと自分につけた30点。
試験の最低記録に並ぶ点数。
これに意味があるのかないのか、くだらないことを分析してもくだらない。
そうか、30点か。
30点の感じはするなあ。
30点だよなあ、自分。
そんなふうに独りぼんやり思っているところへ、よく知るライター氏が現れた。

「自分に点数をつけてみたら、30点と出ました」
唐突に報告すると、
「それは低い。僕が点数をつけ直してあげましょう」
ときた。
「では、お願いします」
「うーん、78点」
「お!それはすごい!」

もうちょっとで80点というところがミソなのだそうだ。
なかなかよい点をつけてくれたお返しに、ライター氏にも点数をつけてあげることにした。
「うーん」
と頭に浮かんだ数字で「83点」。
「おぉ!」
ライター氏もご満悦の様子。

それ以来、ときどき今日の自分に点数をつけるのが“独りでブーム”になっている。
うーん、今日の自分は……、と。
ブログを書く前は64点だったのが、今は73点。
ほんのお遊びではあるけれど、100点の日も来るのだろうか。


ioWEB


   

夏の課題が埋めつつある

子供の頃にSFを読まなかったせいか、SFに対して苦手意識を持ってきた。
でも、映画は戦争もの・スパイものに続いてよく観るのがSF作品。
考えてみると、私の現実の捉え方はスピ寄りとSFチックの混合なのだと思う。だからSF作品を読むのが嫌いなのではなく、苦手としてきたのは単に読もうとしないから。
という答えを得たところで、SF短編作品に手を出してみたら、
「あたし、けっこうSFいけるじゃん!」
となって、ブームはSF短編集。
今はまだイマジネーションがついていきそうにない宇宙戦争ものを読む気はしないが、そのうち読みこなすようになるときが来るかもしれない。

先月観た映画『アジャストメント』の原作に始まるフィリップ・K・ディックの短編集に続き、昨夜から読み出したのはSF短編傑作選『きょうも上天気』。
読み始めてさっそく、短編集の一作目、アーシュラ・K・ル=グウィンの『オメラスから歩み去る人々』に心を掴まれてしまった。

 人々が幸福に暮らす都オメラスには、たったひとり、地下の檻に閉じ込められた子供がいる。人間らしい暮らしと誰からの愛情をも絶たれたその子の苦しみが、オメラスの幸福と繁栄を支えている。

という11ページと5行のストーリー。

みんなも知ってると思うけど、それでもあえて書くけれど、アーシュラ・K・ル=グウィンは『ゲド戦記』の作者である。
で、女性だったの?!
正直に白状すると、わたしは知らなかった。
すごいね、すごいね、『ゲド戦記』って女の人が書いたんだね。
その『ゲド戦記』も読んだことがないのだけれど……。

ほんとに知らないことが多い人生で、知ってることもあるけどムラがあり過ぎて、恥ずかしいのを通り越し笑いたくなる。
でも、これまで手をつけずにいた分野のSFが、ちょっとだけ、ほんのちょっとだけ、無い知識を埋めてくれた。
この夏が終わる頃には、さらに埋めてくれるに違いない。
梅雨明け前にブームが終わらなければ、の話である。
梅雨が明けてもブームが続けば、の話である。

などと、気分しだいなブーマーであってはいけない。
ここは一つ、夏休みの宿題をこなすつもりでいきたいものだ。

夏のマイ課題図書はSF短編。
読了を積み上げたい今年の夏である。





ioWEB


   

残り物の利得

3・11の地震の後のコンビニやスーパーの商品のない棚。
あれから二ヶ月が過ぎ、店はすっかり普通の品揃えに戻っている今でも印象的な出来事だった。
物が溢れるご時勢に、「“物がなくなる”ということが起こる」。いや、「起こった」。
流通と生産が滞った状態で、みんなが似た考えで同じような物を買い求めれば、多数が考えつく買いたい物は当然無くなる。
不謹慎かもしれないが、正直、あの光景は新鮮だった。

救いだったのは、たまたま通販で注文していたお米と水が地震の前日に揃って届いたこと。今になってみれば、すごいタイミングである。
食料品を買い溜めしていたわけではないけれど、お米があるというだけで食料に関してはずいぶん気楽でいられたと思う。実際、地震があった当日は、出先から帰れなくなった仕事仲間が避難に来て、おにぎりを作って凌いだのだから。

もともと「必要な物は必要なときにやってくる(手に入る)」という楽観的な考えでいるので、日頃から何かを買うために並んだり頑張ったりすることがない。「できない」性質なのかもしれない。並ぶのも購買欲でごったがえすバーゲン会場なども苦手だし。
空っぽの商品の棚は、じきに元に戻るのは予測がついたし、「あるもので凌げばいいや」と思う者は食料調達に心を砕かなければならない人たちに譲ればいいのだ。

そこで気になったのは、買えない物ではなく、何が売れ残っているか。
それを確かめるためにいくつかのスーパーに偵察に行った。

残っていたのは、すぐに食べられそうにない物、食卓に馴染みのない物、扱い難そうな物。
肉のブロックや鮮魚は人気がないらしい。
それと、インド・タイ料理の食材の棚は普段と様相を変えず、買える物が豊富に残っていた。
で、目に付いたのが、レンズマメ。
20110518a

これだけじゃ、お腹に溜まりそうもなく、人気がなくて当然と言えば当然のレンズマメ1キロを買ってみた。
何の気なしにグリーンカレーに入れてみたり、野菜のトマト煮に混ぜてみたりしていたのだが、つい先日、調べてみたら、世界の5大健康食品の一つですと!

Wikiからの引用によれば、
 タンパク質とコレステロールを減らす溶性繊維を含み、鉄分はその他のマメ類の約2倍。
 ほとんどのビタミンB 群と葉酸が多く、とりわけ適産期を迎えた女性にとって大事なのは、葉酸が流産のリスクを減らす。

べつに流産のリスクは妊娠していないのだから心配ないし、病気自慢ができないほど成人病も何もない身ではあるけれど、鉄分とかビタミンB群とか葉酸とか、摂り難そうな栄養素がいっぱい!

「残り物には福がある」とはよくぞ言ったもので、
人が取り残していった物には思わぬ利得、ならぬスーパー食品であったとは。

最近、独りブームになっているのが、レンズマメご飯。
黒ゴマに似た古代米を一緒に炊き込んでいるので、お赤飯ふうな炊き上がり。
20110518b

レンズマメは水洗いして、そのまま研いだお米に適当な量を混ぜてしまって大丈夫。
4合炊きに塩を小さじ1くらい入れてます。
マメで量が膨らむ分、茶碗の米率が減るわけで、ダイエットにもよろしいかも。

ioWEB

・2年前の今日の日記 「“気”なのか気のせいなのか」
・3年前の今日の日記 「お宿はどこだ?」

一日一箇所運動

トイレは毎日、掃除するけど、部屋全体をいつも掃除しておくってわけにはいかない。
仕事場の話。

ウチの母親は専業主婦なのもあって、午前中は掃除・洗濯が日課。
冬でも窓を開け放して、ハタキをかけて掃除機かけて拭き掃除と、わたしと妹の部屋は別として、各部屋・階段から廊下までぬかりなくきれいにしていく。
そんな家に育ったせいか、やっぱり自分の居場所はきれいにしていたい。
でも、掃除にばかり時間をかけていられないのが実情なのだ。

そこで、一日一箇所運動。
毎日、どこもかしこも掃除しておくわけにはいかないが、一箇所は重点的にきれいにする。
今年も始めてみた。

“今年も”ってことは、去年も?
そうです。そういう時期があるんです。

ある程度やると、できなくなる時期がやってきて消滅するブームみたいな独り運動。
それでも、毎年、一箇所ブームがあることで、手付かずがなくなるのだから、やるに越したことはない。

週末土曜日は、入り口の壁一面(床から天井まで)とドアを拭き掃除。
ついでに、入り口付近に置いてあるカウンターとロッカーの上を整理して拭き掃除。
これで二日分をクリア。
さて、今日は……。
フロアに掃除機をかけたのでいいことにしようかと思ったけれど、もうひと踏ん張りして、本棚一段拭き掃除。

20110117a
『トイレの神様』がヒットするずっと前からいるトイレの女神です。

ioWEB

“気”なのか気のせいなのか

先週、お気に入りの松の木から“じわんじわん”を感じたのは、二日酔いのせいだったのか、いや、木の気だったのか、はたまた“気”の気がしただけだったのか。
今一度確かめに、すっかり嵌ってしまった生姜紅茶を飲んで、早朝から靖国へ行ってみた。

「おはよーございます」と木に挨拶をして、「触らせてください」とお願いしている姿は、やはり他人の目にはおかしく映るだろうか? そりゃ、映るだろう。
まあ、いい。気にしない、気にしない。

20090518a

右手と左手と交互にそーっと触れてみる。金曜に感じたほどではないが、微かに“じわんじわん”がきますよ。
面白いので、次回は銀杏の木でも試してみようと思う。
ちなみに夜、靖国通りの桜の木に何本か触れてみたら、血管をさーっと血液が流れるイメージが浮かんだ。

“気”なのか気のせいなのか?
遊びみたいなものなので、どちらでもよいのだ。

毎年、爽やかなブルーに染まる境内の紫陽花は白い花をつけ始めている。しまってあった夏のセーラー服を思い起こす白の眩しさは、直接触れてはならない神聖なバリアに守られているよう。
20090518b

ioWEB
・今日の<いおろろ1枚> 「紫陽花の子」
・1年前の今日の日記 「お宿はどこだ?」
・1年前の<いおろろ1枚> 見えない空気 「御神輿」

プロフィール

 葉月いお

Author: 葉月いお
オフィシャル基地<io日和
―魚の庭― Photo綴り
極楽とんぼの「映画会」
メッセージ・お問い合わせ等は
↓メールフォームから
お願いします。

全記事◆タイトルリスト

最新記事

メールフォーム

メッセージ・お問い合わせ等は、こちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらのアドレスが受信拒否設定になっていると返信できません。
【メッセージをくださる方へ】
をお読みください。

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

検索フォーム