FC2ブログ

    始まりはディーゼル

    そもそも、日帰り温泉がクセになったきっかけはディーゼルである。
    鉄ではないけれど、電車の走る姿が好き。
    とりわけディーゼルは、走っているときの音がいい。
    重たい車両に拍車がかかった力強い響き。
    予期せず黒い煙を吐いたりするのを見てしまうと興奮が止まらないのだ。
    ただしディーゼルは電車ではない。
    ディーゼル燃料(重油・軽油)で走る鉄道車両である。

    で、鉄ではないけれどディーゼルに乗りたくなって、4年前に行ったのが埼玉県小川町。
    (そのときの遠足の様子は日記「非鉄のテツ」で。)

    最近は夕方に車を飛ばして行ってしまうのでディーゼルを見ていない。
    また晴れた日に写真を撮りに行きたいこの頃。



    ◆ 十と八つ目の温泉 花和楽の湯

     館内の渡り廊下の長椅子で湯冷ましするのにいい季節。
     閉館(24:00)間際になるとドイツ語バージョンの「蛍の光」が流れる。
     これが客を急かす感じがなくて、つい聴き入ってしまう。
    「蛍の光」が流れ出しても畳の休憩所では気持ちよさげに寝転んだまま目覚めそうにないお父さんの姿が一人、二人。必ず見かける。
     起こすのが可哀そう。
    “お泊りしない旅館”がコンセプトの寛ぎ空間が酷に思えてしまう。
     
    20110605a


    ioWEB

    ・3年前の今日の日記 「700グラムの重み」

       

    慣れると危険

    銭湯に行き慣れてしまったら、オウチのお風呂じゃもの足りない。
    銭湯は好きだけど、温泉に行き慣れてしまったら、ただのお風呂じゃもの足りない。

    たまの旅行でしか温泉に浸からなかった頃には考えられないほど、最近は温泉に入らないと“温泉切れ”を起こすようになってしまった。身体が満足しないのだ。

    温泉の効果――、肌がツルスベになる。
    もちろんそれもあるけれど、覿面に感じるのは、溜まった気の抜け方。
    自分の内に滞留しかかった日常の微小なモヤが抜ける。
    この感覚を知ってしまうと、行かないわけにはいかなくなって“温泉切れ”を起こすのだ。

    以前はウチ風呂・シャワーで充分だったのに、上レベルのいいことは慣れると危険なのである。


    ◆ 今年十と一つ目の温泉 スパ・ラクーア
     地震の影響でスパもショップも短縮営業していたにラクーア。
     遊園地のアトラクションの事故と重なって大打撃を食らっているのではないかと役に立たない心配をしていたのだが、4月の始めにようやく通常営業になったところで、ぷは~とスパしてきました。
     頑張れ、ラクーア!

    ◆ 十と二つ目 板橋区のさやの湯処
     都営三田線の志村坂上の駅から歩いて行く途中の見次公園で桜が見頃の時期。
     温泉上がりの夕方、花を見上げると白いハーフムーンが。
     月と桜を見ながら、ゆるゆる帰る贅沢な風呂上りでした。
    20110413b
    <アルバム「ハーフムーンと桜」>

    ◆ 十と三つ目 お馴染み埼玉県小川町の花和楽の湯

    ◆ 十と四つ目 またしても花和楽
     連休中は混んでるかと思いきや夜の部はそうでもなく、10時過ぎにはいっとき露天が貸切状態でした。

    ◆ 十と五つ目 さやの湯処

    ◆ 十と六つ目 またまた花和楽

    ◆ 十と七つ目 5月最終日、さやの湯処

    なかなか新規開拓といかない。

    ioWEB

    ・2年前の今日の日記 「マーライオンたちよ」
    ・4年前の今日の日記 「そりゃ、ないでしょ」

    節電と節約と温泉と

    放射線に比べたら紫外線なんか何ともないな。
    アンチエイジングなんて贅沢だ。

    潜在意識にそれがあったのか、地震以降、すっかり化粧水やら美容液やら使わなくなってしまったことに気がついた。
    顔、洗いっぱなし。
    もともと普段はノーメイク。
    ちょっとは化粧しなくちゃならない機会はあったが、ファンデーションを部分塗りして凌いでしまった。

    どうも節電を気にかけていると、節約傾向がついてくるよう。
    節電と節約。
    右足を出すと、自然に左手が前に出るみたいなもの。
    でもって、何か、その、優雅に暢気にまったりしたことをしていてはいけない気になってしまう。

    でも、そろそろ身体が温泉を欲していて、先週は思い切って浸かってきました。

    2月に花和楽の湯に浸かりながらの満月の月光浴を満喫した後、3月始めに再び、埼玉県は小川町へ。
    ◆ 今年九つ目の温泉 花和楽の湯
    あの日は遠くの空は明るいのに、頭上は黒い雲。
    誰かが魔法を使って東京上空に雨雲を集めているのではないかと勘ぐりたくなる空模様だった。
    夕方の黒い雲を抜けての温泉逃避。

    20110302a

    翌週末に、あの地震。
    温泉どころではなくなった。
    湯処の営業じたいが通常ではなくなっていたし、一番近い東京ドームのスパ・ラクーアは未だに営業時間を大幅に短縮中。夜の7時に終わってしまう。

    4週間ぶりの、久々の温泉は、
    ◆ 十個め 板橋区のさやの湯処
    節電のため、洗い場や露天・休憩処の照明を落としていたけれど、微妙な暗さが丁度いい感じ。
    湯上りにコーヒー牛乳を飲もうと販売機を見たら、瓶の牛乳類が販売停止になっていた。
    じきに、瓶のコーヒー牛乳も飲めるようになるだろう。
    代わりに喉を潤すため、帰りに神保町で梅酒の黒ホッピー割りを。

    せっかく営業してるのだから、ささやかに経済活動に参加せねばの温泉であった。

    ioWEB

    ・2年前の今日の日記 「怖ろしき哉、人生!」

    満月の月光浴

    月を眺めることはあっても、なかなかゆったり気分で月の光を長々と浴びるのは難かしい。

    昨夜は満月。
    夕方に車を飛ばし、埼玉県小川町の花和楽の湯へ。
    寝転び湯で満月の月光浴。

    月の光には内面を浄化して活性する作用があるとか。

    ゆらゆら、温泉に浸かりながら、白く輝く満月を眺めて全身月光浴。
    こんな贅沢していいのか!
    よいのです。

    今年8回目の温泉、であった。

    ◆ 五つめ 東京ドームシティ・スパ ラクーア
    入浴の合間に蓮茶をいただきました。
    血行が促進され新陳代謝が高まり美肌効果があるそうです。
    20110219b

    ◆ 六つめ 花和楽の湯

    ◆ 七つめ 板橋区のさやの湯処
    喉が渇いて、帰りにさくっと黒ホッピー。
    中は梅酒です。
    20110219a

    ioWEB

    ・2年前の今日の日記 「肉食人の米人種」
    ・4年前の今日の日記 「ソナー音が聞こえる」

    温泉 三つめ・四つめ

    冷えるのでね、一つめ・二つめに続き、先週・今週と週一ペースで温泉。

    ◆ 三つめ
    またもや、埼玉県は小川町の花和楽の湯
    今回は久々に昼過ぎに出かけて夕刻までたっぷりゆっくりの温泉タイム。

    ここは岩盤浴が入館料に含まれているのが嬉しい。
    夏の岩盤浴は、すぐに発汗できるのに、冬は冷え性のせいか、なかなか汗をかけない身体。
    で、今回は岩盤浴の前にしっかり露天に浸かったおかげで、岩盤室に入った途端に汗が出る出る。
    身体を温めてからの岩盤浴は効果的!

    汗を流したあとは、館内着の浴衣に着替え、カフェ&バーで珈琲タイム。
    ここは食事もドリンク類も美味しくて、何より静かに落ち着いて過ごせる空間がよいです。
    20110128b 20110128b
    珈琲のあとに、またひとっ風呂浴びて、あっという間に日が暮れて。

    ◆ 四つめ
    東京ドームシティのスパ ラクーア
    歩いて行ける距離なので、夕方から着替えだけ持ってサクッと温泉。
    花和楽の湯もそうだけど、お風呂用具が一切要らないのが嬉しいところ。歯ブラシ・ヘアゴム、垢すりタオルもあり、至れり尽くせり。
    化粧台コーナーは席数が多いので、女子力の足りないわたしでもヘアドライヤーにありつけのが有り難い。
    ローション・乳液に、ヘアウォーター・ヘアクリーム・ワックスも置いてあるので、入浴後の身づくろいも万全。

    ここでも、途中、館内着に着替えてリラックスルームでゆったり珈琲。
    20110128c
    イルミネーションの夜景を高い所から眺めていると、自分はけっこう優雅な身分なのではないか?と思えてくる。
    ふっ、ほんのひと時のことです。

    ioWEB

    プロフィール

     葉月いお

    Author: 葉月いお
    オフィシャル基地<io日和
    ―魚の庭― Photo綴り
    極楽とんぼの「映画会」
    メッセージ・お問い合わせ等は
    ↓メールフォームから
    お願いします。

    全記事◆タイトルリスト

    最新記事

    メールフォーム

    メッセージ・お問い合わせ等は、こちらからどうぞ!

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    こちらのアドレスが受信拒否設定になっていると返信できません。
    【メッセージをくださる方へ】
    をお読みください。

    カレンダー

    03 | 2021/04 | 05
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    月別アーカイブ

    検索フォーム