怖ろしき哉、人生!

“べき”はない の続き。

この人はいったい、どこで何を間違えたのだろう?
他人(ひと)の人生を見ていて、考えることがある。

人生は素晴らしい!
基本的に、わたしはそう思ってはいるけれど、そうとばかりは言えない。
人生は怖ろしくもある。
能天気で夢見がちなわりには、わたしは人生の怖さを心に留めている。
コインは表と裏があって一つのコインなのである。何事も表裏一体。“素晴らしき哉、人生”は“怖ろしき哉、人生”にどこからかとって代わることもあれば、その逆もある。

何が怖ろしいかって、正直、失敗は怖ろしい。とくに、他人の失敗には身がすくむのである。
むしろ自分のことなら、これまで大きな失敗をした例(ためし)がないと思っているせいか(他人から見たらどうだか分からないが)、「失敗しても何とかなる」気がしてしまう。

そもそも、誰だって失敗すると思うことはしないだろう。不安が多少はあったとしても、心のどこかで「何とかなるだろう」と思うからするわけで、「できない」と思っていることはしない、と言うかできない。
ところが、本人はできない気がしているのに、周りに乗せられたり、自分のプライドや体裁のために、迂闊にもできる気になってしまうのも、見ていてまた怖いものがあるのだが、「何とかなるだろう」の可能性にかけてすることが、何とかならなくなった状況を他人の人生に見たときが怖いのだ。

“失敗は成功の元”だとか“人は失敗から学ぶ”とか、失敗を肯定する言葉は数あれど、実際に失敗してしまった人の話を耳にすると、「自分だったらどうしたものか?」と考えて、わたしは脅しをかけられた気がしてしまうのだ。
おそらくこれは、わたし自身が「何とかなるだろう」の可能性にかけてしまう生き方だからかもしれない。自分に正直に「できない」と微塵でも思うことは、わたしはしようともしない。

ここ数年の間にも、「人生は怖い」と思った出来事がある。
何度かお会いしたことのある社長さんが、資金繰りに詰まって会社を倒産させた挙句に自己破産した話が伝わってきたときがそれ。
今どきのご時勢に珍しい事ではないけれど、実際に知ってる人の倒産や自己破産は、自分の身に起きないとは限らない突如とした現実感を伴う。
この社長さんだけではなく、他にも、立派に専門分野のキャリアを持ってらっしゃるコンサルさんやライターさんが自己破産しただの聞いてしまうと、肝っ玉がキュッと縮まって血の気が引きそうになる。

で、考えるのだ。
その人はいったい、どこで何を間違えたのだろう?
“怖ろしき哉、人生”の切り替えポイントはどの時点にあったのだろう? と。

ioWEB

“べき”はない

思いは道をつくるのか? の続き。

これまで何度も契約解除の危機を土壇場で回避してきたジョナくんであったが、今回は奇跡のどんでん返しはなさそうだ。

そんな気はしていた。
と今頃になって言うと後出しジャンケンになってしまうが、2月の末に事務所にやって来た彼は、それまでとは違っていたのだ。彼の愛社精神も尽きたのか、会社に居続けたい気持ちが薄れているようだった。“動く”覚悟にも至ってはいない様子だったが。

見ようにはよっては愛社精神とも言える彼の思いの中には、居慣れた場所から“動きたくない”気持ちも大いにあったと思う。
やり慣れたことを手放したくない。それは、未知の場所へ向かう勇気と自信が充分でないがための未練ではなかったろうか。そう、2月の末に会った彼は、未練がましさが薄らいでいたのだ。それが勇気や自信に取って代わったわけではないけれど。

ときどき彼は夢見る笑顔で、「(もし)好い条件のオファー(誘い)があれば、ヒューッ!」と片手を飛行機が離陸するように飛ばして見せる。
現状に満足しているはずなどないことは、わたしも知っている。ずっと留まり続ける覚悟がないことも。
だが、動きたくない思いがあるうちは“もし”はない。現状への未練は、自分自身の鎖のように踏み出す一歩を留まらせる。人材紹介会社に登録しても、自分への体裁で終わってしまう。“自分は動こうとしている”という自分に対する見せかけの行為にしかならない。

わたしには、ジョナくんを襲ったこれまでの契約解除の危機は、運命が重たいお尻を押しているかに思えてならなかった。その度に、彼は自分の将来について考えたはずである。「ボクは本当にこれでよいのか」と。
愛社精神で会社の行く末を案じてはみても、いつか新しい居場所を探さなければならなくなるのは薄々感じていたはずだ。

もし、前回、前々回の危機に、彼が本気で新たな自分の居場所を求めていたら、運命は彼をどこかへ導いたのだろうか?
「彼はもっと早く(会社を去る)決断をするべきだった」
そう言う人もいる。
わたしだってそう思わないわけではない。グズグズせずに、さっさと見切りをつけていれば、と。
しかし、居座り続けることになったのは彼の運命だったのではないだろうか。変化に対してお尻の重たい彼にとっては、幸運にも心の準備を整える期間だったように思う。
というのは、過去に比べて、今の彼はパニックに陥ってはいないからだ。

“もし”あのとき……。
パラレルワールドが存在するのかどうか。
あったとしても、現在地点に過去から続く“もし”はない
同様に、過去を省みて「あのとき、どうする“べき”だった」と言うことはできるが、所詮それは結果論に過ぎない。

自分で温めた居場所に留まりたがった彼の思いを、誰が変えられただろう。
世渡りが下手で、臆病で、生き方がうまくないとしても、彼には彼の留まりたい思いの理由があったのだ。
「思いは叶っても、思っても叶わない」の運命の謎がそこにありはしないか。
めぐりあわせのパズルが揃わなかったいじょう、“もし”の道が存在しないと同様に、“べき”の道も存在しない。“もし”がないなら“べき”もないのだ。
彼の道は、彼なりのベストだったと考えられる。

ioWEB
・2年前の今日の日記 「露ぬれの蕾」

思いは道をつくるのか?

縁のオフシーズンの続き。

さて、友人ジョナの契約解除の危機はこれまでも度々あった。そのたびに、どうなるのかと気にはしてきたが、いつも土壇場で彼のクビは繋がってきた。
しぶとい。じつにジョナくんはしぶといのである。
大量の正社員が、リストラの早期退職であっさり去っていった時期も、彼は土壇場で生き残ってきた。

ジョナくんのしぶとさは、捨てられても戻ってきてしまう子犬に似ている。
「帰ってくるな!」と足蹴にされても、次の日の朝には戸口で「くーん、くーん」と懐っこく鼻を鳴らし、飼い主が捨てるに捨てられなくさせてしまうやつ。
「向こう三ヶ月の給料は振り込むから、自宅待機で転職活動をしていい」と言われても、ジョナくんは「通うところがなくなるのは困るから、出てきても構わないか?」と出勤する。それが好戦的な態度でないものだから、人事担当者も「しょうがないなあ」と承知するらしい。

とりあえず人材紹介会社に登録してみたりもするのだが、彼の話のほとんどが自分の転職のことではなく、「来なくていい」と言われた会社の将来を憂うことばかり。
否定的に見れば、契約解除を不安がっているわりには、自分の先行きについてはほぼ考えていないのだ。が、肯定的に見れば、He loves the company。すごい愛社精神なのである。

数年前までは、わたしも「もう辞めてくれと言われているのだから、新しい道を探せ」と言っていた。でも、それほど本人が会社にいたいのなら、留まる道は開けるのではないか、と期待するようになった。そうして期待どおり、土壇場の危機を不思議にもかい潜り、彼は居座り続けてきたのだ。

思いは道をつくるのか?
わたしの経験値で答えを出すなら、イエスである。

それなら、三月、つまり今月いっぱいの社員契約となったジョナくんの運命はいかに。

ioWEB

縁のオフシーズン

ちょうど1ヶ月前のこと。
友人のジョナが、長いこと契約社員で勤めてきた会社の更新が3月いっぱいになりそうだと知らせてきた。
そこで、わたしを介してジョナのことをよく知るOさんが、ある会社の経営者M氏に仕事の口を打診してみようかと言い出した。
M氏とは、わたしも年に何度か食事をご一緒させていただく仲。だがなぜか、その方とのお付き合いには激しく波がある。一年の後半から年末に向かっては、お会いする機会が頻繁なのに、年が明けるとぱったり連絡が途絶えるパターンなのだ。
ところが今年に限っては、1月に入ってからも数回お会いして食事に行ったりしていた。そこにジョナからの連絡があり、Oさんの提案に、わたしはちょっとばかり期待をかけた。

勝手な目論見だが、友人ジョナにとっても経営者M氏にとっても双方悪い話じゃない、ように思えた。
事業内容に興味を示した彼の語学力やマーケティング力はM氏の役に立ちそうだったし、ジョナにしてみれば正社員になれるなら毎年の契約更新でビクつくことがなくなる。
ただ、わたしの中で、彼がMさんの会社で働く姿が浮かばないのだけが気になった。

わたしに未来を観る能力があるとは言わない。でも、イメージできないことは起こり難い。
イメージがあっても起こらないこともある。が、イメージが浮かばないのに起こった例はない気がする。
“イメージがない”というのは良くも悪くも可能性としては最強なのである。

それでも、とにかくOさんは「打診してみよう」と言うし、ジョナも乗り気の様子だったので、根拠のない未来予測など無視することにした。ところがである。

その話が出てからというもの、M氏との連絡が途絶えた。
Oさんは週に一度は所用でMさんからお声がかかっていたというのに、ぱったり会う機会がなくなり、連絡をしてもタイミングが合わずつかまらないのだ。

Mさんがわたしたちの企てを知る由はない。
「2月に仕事の山がある」とは聞いていたので、気の抜けない状況なのかもしれないが、それにしても、ぱったりぷっつり。何だか仕組まれている気さえしてくる。
いや、仕組まれているとわたしは思っている。
何に?
縁のアレンジ力、というか、運命に。

気がつけば、2月も終わり。
わたしのMさんとのお付き合いはオフシーズンに入ってしまったようだ。

ioWEB

プロフィール

 葉月いお

Author: 葉月いお
オフィシャル基地<io日和
―魚の庭― Photo綴り
極楽とんぼの「映画会」
メッセージ・お問い合わせ等は
↓メールフォームから
お願いします。

全記事◆タイトルリスト

最新記事

メールフォーム

メッセージ・お問い合わせ等は、こちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらのアドレスが受信拒否設定になっていると返信できません。
【メッセージをくださる方へ】
をお読みください。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

検索フォーム