スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分と付き合う時間

あ~、気持ちいい。
ようやく十月の晴れやかな空が戻ってきた今週。
わたしのベランダは、ぽっかぽかに居心地がよくて、ついベランダタイムを重ねてしまう。
空を眺めながら「あ~、気持ちいい!」を味わって、深呼吸して、ぽけーっとする。
これ、わたしの瞑想(笑)。

考えない。思わない。

何か考えが入ってきたり、誰かのことが思い浮かんだりしてきたら、他人ごとのように観察する。
「そういう考えあるね~、わたしの中に」
「あの人のすることが気になってるね、わたしは」
そうやって浮上してくる考えや思いが、自分を窮屈にしているなあと感じたら、その思考はやめるに限る。
「そういう考えはやめなさい」
「あの人のすることやることを気にするより、自分の思うことすることを意識しよう」
自分を諭したら、「あ~、気持ちいい」にまた戻っていく。

さて、今日の瞑想で浮上してきたことは、
「ジェイソン・ステイサムは捕まってしまったのだろうか……」。
昨夜、映画『ハミングバード』を観たからね。

今日は水晶のペンダントも日光浴中。
20141018a.jpg

io日和> <魚の庭

2年前の今日の日記 <パターンを変える

スポンサーサイト

わたしの「ロード・オブ・ザ・リング」

20140320a.jpg

長きに渡る問題が、今年の正月明けに急展開で解消してしまった。
解決というより、解消。
なぜかというと、自分の働きかけで「解決した」という実感ではないから。
かけられていた魔法がとけたような、魔法がとける時期がはじめからあって単にそのときを迎えたような、とにかく未だに何がどうなって問題の解消に至ったのか、明確に分からないのだ。

生まれる前から、その問題を抱えていくようになっていたかの19年半。
この19年半の過程で、「それは(わたしの)ロード・オブ・ザ・リングだ!」と言ってくれた人がいる。
「そうか!なるほどね~」
それを聞いたときには、いたく感心した。
自分の『ロード・オブ・ザ・リング』にいる。そう思うと、「諦めちゃいけないな。人生をかけて、フロドみたいに傷だらけになっても、自分のリングを何とかしよう!」と立ち向かう気になった。
でも、勇敢な気になってはみても、いったいどこへどうやって向かって行けばいいのか道筋もやり方も、わたしにはさっぱり見えてはこなかった。皆目見当が付かないとは、このことだ。

答えは自分の中にある?
自分の中に見つけられる答えがあるのは知っている。
だけど、だけどだけど、自分のロード・オブ・ザ・リングを終わらせる答えなんて見つけることはできなかった。
「答えは自分の中にある」なんて、簡単に言ってくれるなよな。
自分のリングに関しては、マジでそう思ってきた。
ただ一つ、わたしに何となく分かったのは、「答えがないこともある」ということ。
探しても求めても見つからない答え、解決の糸口。そういう問題もあるのかもしれず、悩んだり、考えたり、願ったり祈ったりして、その過程を生きていくのが、実際の『ロード・オブ・ザ・リング』なのではなかろうか。
ある時期からのわたしは、問題は一生解決しないまま終わるのかもしれないと思うようになった。仕方のないことはあるのだと。

今、自分の「ロード・オブ・ザ・リング」を抜けて二か月半。
何かが大きく変わったかって?
そりゃ、奇跡みたいに問題が解消したのは嬉しいし、喜んでもいるし、感謝もしている。
でも、道の過程で体験してきた生きている楽しさ、喜び、幸福感が、問題が消え去る前とあとで変わったわけではない。
不思議と何もかもが同じ。自分自身さえ、問題があってもなくても同じ。
そういうものなのかと、それこそ初めての体験をしている気がする。
まあ、19年半前に比べたら、いろいろな面で自分が変わったのは確かだけど。

世の中には、わたしの「ロード・オブ・ザ・リング」よりも険しくて厳しい道を生きている人は、たくさんいるだろう。
リングと共に歩むフロドたちに、「きっと出口はある」とか、「問題は必ず解決、解消する」などと、わたしは言えない。
だって、わたし自身、そんなふうに簡単に思えなかったもの。
一生、背負って終わるのかと思ってきたから。
それでも、いつ抜けるのか分からない道にいても、喜びや幸福感が深まる出来事はある。たとえ一時的でも、勇気や希望をもつことも、光を見ることもある。
それは言ってもいいかな、と思うのだ。
そして、挫けても、立ち止まって泣いても、自分の道を体験していけばいいのではないだろうか。
それが、自分を生きること。

「わたしのロード・オブ・ザ・リング」を知る限られた人たちに、日が経つにつれ感謝が込みあげてくるこの頃。
問題を抱えてきたわたしを責めたりせずに、ただただ話を聞いてくれた白バラちゃん。
感情に蓋をして話すわたしの代わりに涙してくれたOちゃん。
「それはロード・オブ・ザ・リングだ!」と感心させてくれたOちん。
助言などせずにひたすら共感してくれたEさん、Tさん。
自分と共にあったリングの重たさも、道の途中で何度も疲労困憊したことも、ほんの二ヶ月半のうちにわたしは忘れかけているけれど、見守ってくれた数少ない友人がいてくれたことを思うと、今でも「ありがとう」の涙が出ちゃうのだ。
ありがとう。
そして今、これから、さらに未知のことをもっともっと体験していこう。
怖いけど、怖がりながらも未知の道へ。

io日和> <魚の庭
1年前の今日の日記 <何か見えますか?
3年前の今日の日記 <ブリキ女の感謝
4年前の今日の日記 <ランボーなスイーツ
5年前の今日の日記 <破壊者誕生
7年前の今日の日記 <桜偵察

視点を変える:「された」ことより「してもらった」ことへ

自分の視点を変える。

言葉を見ると「あ、いいね!」とできそうに思うものの、なかなか自分の見方を変えるのは、タイミングで自然に変わることもあるけれど、自覚しないとできないもの。
まず、自分がどういう視点で物事を見ているか、それが分からないと変えようがない。

ある人が、ここひと月くらい「された」ことばかり言っては、怒ったり嘆いたり。
会社の同僚からこんなことを言われた、あんなことをされた。
挙句に体調不良で、今週は月曜のっけから出社できず。
とうとう見かねて言ったのが、「された」ことより「してもらった」こと。

この人の場合、被害者的に「された」ことばかりに注目して、話に出てくる他の同僚や上司がフォローしてくれたことや、アドバイスしてくれたことについては、さらりと流してしまう。
聞いている第三者からすると、「された」ことについては膨大に話すのに、人に「してもらったこと」については大して気にも留めず前を通り過ぎているみたい。
頭も心も、「された」ことがひしめき合っていて、「してもらった」ことが入る隙もないくらい。

◆「された」ことより「してもらった」こと。
こんなアドバイスをした翌日、「自分が会社を休んだ日に、苦手な同僚が代わりに雑用を片づけておいてくれた」という報告があった。

被害者的な立場に身を置いて、人から言われたことや誰かにされたことばかり気に病む自分に気がついたら、「された」ことより「してもらった」ことを意識してみてはどうだろう。
人も物事も、それまでとは少し変わって映るかもよ。

★ 今日の<魚の庭>は こちら 「“とき”を待つ」
20130305s.jpg

ioWEB> <魚の庭

勘違い

中学に上がって、何か自分の好きな言葉を持とうと思った。
「好きな言葉は?」と訊かれたら、即座に「○○」と答えられるやつね。

そこで、何を好きな言葉にしたかというと、「努力」。

これは所謂「座右の銘」とは違う。
座右の銘とは、自分が行動の戒めとして心に留めておく言葉。
だから、座右の銘としていい言葉や教訓をあげたからといって、その人が必ずしもそのようであるわけではない。言葉や教訓を実践する自分であるように心がけていることの表明なのだ。

じゃあ、なぜ、十代のわたしが好きな言葉として「努力」をあげたのか?
ものすごい勘違いを犯していたのだ。
その勘違いに気づくのに、また随分と時間を要した。
もう、今じゃ、好きな言葉は「努力」なんて言わない。
すっかり分かったもの。

わたしは、自分は努力が好きな人間だと思っていたのだ。
努力が好きな努力家だと。

そりゃ、わたしだって、まったく努力しないで生きてきたわけじゃあない。
それはきっと、みんなそうでしょ。

はて、これまでの人生で、「あれは努力したな!」と思うことは何だろうか?
思いつくのは、柔軟。
身体を柔らかくすること。

高校に入って始めた部活が洋舞研究部。
前屈すらままならないほど硬い身体を、とにかく踊りたい一心で、柔軟に励んだ。
股関節を無理やり開くと、内腿が内出血で紫色の筋が入るのを初めて知った。
でも、すごいよ。
100人以上いた新入部員が、三ヵ月しないうちに次々とごっそり退部して20人ほどになった頃、前屈はもちろん、180度に近い開脚ができるようになり、前後開脚、Y字バランス、母親の整理ダンスを相手に鍛えたブリッジまで、ひと通りできるようになったのだ。
これを努力と言わずして何と言う。

しかし、今となっては、どうでもいいことに努力した気がしてしまう。
建設的な人生の役には立ってないんだな、これが。
そもそも建設的な人生を歩んでないから仕方がないか。

★ 今日の<魚の庭>は こちら 「天神梅」
20130223s.jpg

★ 今日の<お陽さまコレクション> 「ティーゼル代わりのお陽さま」
20130223ss.jpg

ioWEB> <魚の庭

“やりたくないこと”をやる

パターンを変える>の続きです。

やりたくないことをやる。

じつは4月に、「“気になる”を優先する」という記事がある。

「“気になる”を優先する」――
日常の中で気になっていながら通り過ぎていることを拾ってみる、を意識すること。
・気になっていながら、手を伸ばそうとしないこと。
・気になっているのに、無意識に無視していること。
・気になっていることすら、気に留めずにいること。

のつもりだったのだが、気がついてみると、気になる中でやりたくないことは後回しにしているのだ。
これでは、いかんではないか!

そこで、「“気になる”を優先して“やる”」から「やりたくないことに手を付ける」に進化させてみた。
一つ、パターンを変えたのだ。

行動を変える=考え(思考)を変える。

やりたくないことばかりに手を付ける習慣があるなら、「やりたいことに手を付ける」に変えてみるのもよいかも。

わたしは今日も、「やりたくないこと」の続き。
やりたくなかったことも、蓋を開けてしまえば、それほどやりたくないことではなくなっている。
何故か?
「やりたくないことをやる」と決めたことで、やりたくないことへの自主性が立ち上がるのだ。

自主性=やる気。

やる気は勇気を超えてしまうのだ。
勇気を超えるには、「やる」と決める。

昨日は、はじめのうちは亀のようにのっそりのっそりの進捗状況。
それも、ある程度進んだおかげで、今日はいい調子。

「やりたくないこと」には、秘められたものがある。
そう感じていることについては、また続きで書こうかと。


io日和> <魚の庭> <ゼロ✦プラ

🐟魚の庭 <東へ> <朝陽を捕まえる


   

プロフィール

 葉月いお

Author: 葉月いお
オフィシャル基地<io日和
―魚の庭― Photo綴り
極楽とんぼの「映画会」
メッセージ・お問い合わせ等は
↓メールフォームから
お願いします。

全記事◆タイトルリスト

最新記事

メールフォーム

メッセージ・お問い合わせ等は、こちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらのアドレスが受信拒否設定になっていると返信できません。
【メッセージをくださる方へ】
をお読みください。

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。